「ピンクのゆーじ=仙台ローリー」だったとは・・【アクアテラス錦ヶ丘】

私の三大趣味の一つに『アクアリウム』があります。水槽でアレとかコレを飼育するやつですな。それ故、水族館は大好きな戯れスポットになります。

仙台と言えば『うみの杜水族館』がメジャーですが、今回はあえてそちらではなく・・・『アクアテラス錦ヶ丘』で戯れてみたいと思います。

錦が丘ヒルサイドモール

錦ヶ丘ヒルサイドモール
錦ヶ丘ヒルサイドモール お戯れ情報

アクセス:
仙台宮城ICより山形・作並方面へ車で約10分。

複数の商業施設集まっており、中庭イベントスペースでは各種イベントなども開催。

店舗の入れ替わりが激しく「あれ?あの店がない・・・」となる事もしばしば。。。

ここ、出来たばかりの20年くらい前から何度も来ているんですが、昔は「錦ヶ丘ヒルサイドアウトレット」っという名称でした。

当時のアウトレットブームの先駆けのような感じで、それはもう連日すごい人で賑わっていたのですが・・・いつの間にか「ヒルサイドモール」という名前に変わっていたようです。全く気づきませんでした。

ここのアクアハウス棟2階に「アクアテラス錦ヶ丘」があります。

まさかの御本人登場

階段を上がって行くと、まず目に飛び込んでくるのが「ようこそ!!アクアテラス錦ヶ丘へ」の文字が躍る、お土産売り場。

いきなりお土産売り場からスタートする水族館も珍しいです。複合商業施設なので、買い物だけのお客さんにも配慮した作りなのでしょう。たぶん。

入り口 お土産売り場

女子供が喜びそうなたくさんのぬいぐるみが並んでいます。

イルカ、アザラシ、カメ、フクロウ・・・ライオン・・・・・ライオン!!??

え?いるの?ライオンいるの?

全体的に海の生き物よりも、動物系のほうが多いような気が…。絶対にいないであろう、パンダやホワイトタイガーなどのぬいぐるみも並んでいます。

その周りには付箋やご祝儀袋などの文房具も並べられ・・・もうここがドコなのか、何屋なのかわかりません。あれれ?今日は水族館へ来たはずなのですが・・・。

そしてカオス感をさらに加速させている物体が・・・

ピンクのゆ~じパネル

「ピンクのゆ~じ顔出し撮影パネル」ときました。大きいほうは等身大?

実は私…アクアテラス錦ヶ丘には何度か来ているクセに、このパネルの「ピンクのゆ~じ」さんという方、全然知らなかったんです。「これ、誰だろう…」って思っていました。

戯れマメ知識
「ピンクのゆーじ」さん


仙台で活動中のタレント。
ソーシャルイマジンプロダクション所属

公式ブログはコチラ
『ピンクのゆ~じ公式ブログ』

ごめん!!調べたんだけど、豆知識っていうほど情報なかった!(笑)

どうやら昔「仙台ローリー」と呼ばれていた方と同一人物らしいです。おおお、そっちは知っていますよ!!

若かりし頃、仙台駅前などで何度か見かけてました。そうかー、あの方がこうなったのかー・・・。

…ところでさっきから、お土産売り場をウロウロしているピンクの人が視界に入ってくるのですが…。どうやら入場の受付までして働いている様子。

コスプレしている従業員の方でしょうか?・・・まさか本人じゃないよね??

ピンクのゆ~じ

ぎゃー、ご本人様でしたー!

どうやら2015年の12月から「ハッピーンクアイドル」としてアクアテラス錦ヶ丘で活動しており、ほぼ毎日いるそうです。ここには何度も来ているはずなのに、初めてご本人にお会いしました。。。

若い女の子にキャーキャー言われながら写真を撮られるならまだしも・・・同年代のデカいオッサンに撮影されても、そりゃちょっと笑顔ひきつるよね。。。

すまん、ゆーじさん。これからは陰ながら応援させていただきますので。

やっと本編…

ヤバい。「ピンクのゆ~じさんに会った」というネタで記事の半分使ってしまいました。まだ入場券すら買っていません。

これじゃ水族館に来た話なのか、ピンクの人に会いに来た話なのか、わからなくなります(笑)

急げ、突入だっ。

入り口タッチプール

戯れ情報
『アクアテラス錦ヶ丘』


所在地:
宮城県仙台市青葉区錦ケ丘1-3-1
錦ケ丘ヒルサイドモール アクアハウス棟2F
TEL:
022-226-7970

営業時間:
10:00~19:00(最終入場18:00)

入場料:
大人800円・小学生以下500円・3歳以上300円

休館日:
月1回不定休

公式サイトはコチラ
アクアテラス錦ケ丘 水と光のテーマパーク

入場してすぐの場所はタッチプールになっています。

お土産売り場からスタートして、展示の1発目がタッチプールっていうのも・・・これまた斬新なスタイルです。

すぐそばに注意書きの看板があるのですが、…ん?んん!?

タッチプール注意書き

弱肉強食!!(笑)

すごいです。タッチプールの注意書きで「弱肉強食」とか「窒息」「圧死」などの不穏な単語を目にしたのは初めてです。

「たしかにウチの子が生き物を圧死させたかもしれないが、仕方ないだろ?この世は弱肉強食だなんだから!」

…とか言い始める保護者っているんでしょうか。たしかに今は頭のおかしい人間が多い時代なので、そういう人もいるかもしれません。水族館も大変なのですね…。

ジャングルゾーン

タッチプールの先に自動ドアがあり、ここから「ジャングルゾーン」に突入です。

ジャングルゾーン・・・もしかしたら本当にライオンもいるのかもしれません。パンダも。いや、パンダはジャングルにはいないか。

ジャングルソーン

こちらは淡水魚と爬虫類のゾーンになっていました。大きなヘビやカエル、トカゲ系などなど・・序盤は魚以外の生物の比率が大きいです。

不意に高級そうなワニ革のソファーが置いてありました。記念撮影スポットのようです。よし、座ってみましょう。

椅子

うーむ・・・威厳ある王様っぽい雰囲気にしようとしたのですが、ただの「勘違いした偉そうなオッサン」になってしまいました(汗)

とにかく館内の各所に、こういった高そうな調度品が多数置いてあります。

・・・ここ、水族館だよね?

キャバク…ファンタジーゾーン

明るくワイルドな「ジャングルゾーン」が終わると、雰囲気一転。暗くて怪しい雰囲気のエリアになりました。ピカピカと派手な光が回っています。

ファンタジーゾーン

その名も「ファンタジーゾーン」!

このなんとも言えない雰囲気、まるで場末のキャバクラのようです。スケスケ下着の女の子が歩いていても、まったく違和感がありません。そろそろお触りタイムが始まりそうな予感すらします。

そして相変わらず高級そうな調度品があちこちに設置されていますなー。

ちょっと休むような椅子も、ベルサイユのばらに出てきそうな椅子。ちょっとした花が置いてあるテーブルも、マリー・アントワネットよろしく優雅なテーブル。『パンが無いならケーキを食べればいいじゃない!』って空気が漂っています。

画廊水槽

こちらは画廊をイメージしているのでしょうか。雰囲気の違う水槽がそれぞれ1枚の絵のように展示されており、非常に格調高い装いになっています。ついさっき『お触りタイム開始』とか言っていたのが申し訳なく思えてきました。

これ以外にも様々なテーマで構成された水槽がたくさん並んでおり、非常にバリエーションが豊富。

レゴでにぎやかに装飾された水槽もありましたよ。掃除大変そうなだなぁ…コレ。

無駄に豪華なカフェレストラン

さぁさぁ、キャバクラゾーンもそろそろ終点のはずです。このあたりにちょっとした軽食が食べられる場所があったはずですが…。

どれどれ、手元のパンフレットを見ると「カフェレストラン」となっています。やっぱりココは変わらず軽食コーナーなんですね。

よーし、小腹も空いたことですし、何か食べていきましょうか。

カフェレストラン

・・・ここ「カフェレストラン」だよね?

ここでまさかの美術館ムード全開。どうやら最後の最後で本気の勝負を仕掛けてきたようです。

高級そうな展示ケースに、高級そうな椅子、テーブル。奥の高くなった場所にはVIP席のような豪華ソファーの席まであります。

これは言わせてもらうしかないでしょう。

金のかけかた、間違っとるよ!(笑)

おかしいなぁ。以前来た時はこんなにカオスな空間ではなかったはずなのに・・・。

そしてカフェレストランの目の前には大きな球体の水槽があり、背後の壁面には美しい映像が映し出されています。とても華やかな展示なのですが、その下にある池に泳いでいるのは・・・

和なのか洋なのか、オリエンタルなのかファンタジーなのか、もうわけがわかりません。そして入り口にはピンクのゆ~じさんですから。…もはや魔界です。

「くじらカレー」という、くじらの形状に白飯を盛ったカレーがあったので、それを食えば記事的にも映えたのでしょうが・・・あまりにもカオスな雰囲気に飲まれてしまい、普通にマフィンサンドなんて食べてしまいました。しかも写真を撮る事すら忘れて。

異世界からの生還

カフェを過ぎれば水族館エリアは終了です。水族館だったのか?という疑問も残りますが、とりあえず出て一息つきましょうか。

自動ドアを抜けると、再びお土産売り場のような場所があり・・・その横に「ふれあいスペース」というものがありました。おお、フクロウや小動物がいます。

ミーアキャット

可愛いミーアキャットもいました。全ての動物の前にフェンスがあり、このミーアキャットはガラスケースの中です。

・・・・ふれあい・・・スペース?

もしかしたら、休日など賑わう日には子供達に触らせたりしているのかもしれません。

この「ふれあえないスペース」を通り過ぎると、再び最初の売店エリアに出ました。無事に生きて生還できました。ゆーじさんもまだ働いているようです 。

アクラテラス錦が丘・あとがき

アロワナ水槽

ピンクだのカオスだの弱肉強食だの、全然水族館とは関係ないような話になってしまいましたが、今見返してみると「魚の写真が一枚もない」という・・(笑)

こちらのアクアテラス錦ヶ丘は来るたびに毎回変化があり、飽きる事なく楽しむ事ができます。来るたびに「いったいどこへ向かおうとしているのか」が心配になってくるような変化ばかりですが、私個人としてはそういう方向性は大歓迎です。

おそらくまた近いうちに戯れに行くと思いますので、その時はしっかりと館内のご紹介をしたいです。

ではでは、またお会いしましょう。ハッピーンク!!!(ゆ~じサンのキメセリフらしいです・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です