興味ない方置いてけぼりの話・カメラ編

東北地方を中心にローカルなスポットを紹介したり、毒にも薬にもならないような行楽ネタを垂れ流している当ブログ『戯れアウトロー徘徊記』

過去に『興味ない方おいてけぼりの話』としてカメラに関するネタを何度か書いていましたが、このたび使用機材の変化に対応するため、全て統合して『戯れの友・カメラ(機材編)』としてまとめることにしました。

今後は随時、当記事を編集・更新していく形となりますが、相変わらず興味のない方にはどうでも良いネタだったり…。

OLYMPUS

OM-D シルバー三兄弟

というわけで使用しているカメラをご紹介。

今はフルサイズ主流でマイクロフォーサーズは下に見られがちですが、わたしゃ今も昔もOLYMPUS。

なにせ『基本は機材を全部持って、数時間以上徒歩で行動』といった仕事スタイルを好むため、レフ機はもちろんフルサイズなんて無理。ミラーレスの進化によりボディは他社のほうがコンパクトかつ高性能だったりしますが、レンズに関してはまだデカくて重いので。

去年の映像事業売却騒動で『OLYMPUS』から『OMデジタルソリューションズ』と社名が変わってしまったものの、今後も製品展開やサービスは継続するようでとりあえずは一安心。

まぁブランドネーム目当てで愛用しているわけではないので、ペンタ部に『OLYMPUS』と書かれていようが『UNKO』と書かれていようが別にかまいませんけど。

なお『なにがあっても絶対シルバーモデルじゃなきゃ嫌なんだい!』という意味のわからない性癖があるため、メインは全てシルバーモデル。

黒いカメラを持ち歩くくらいなら全裸で猫を抱いて歩いたほうがマシですよ。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ シルバー

仕事でどこかに滞在し、そのついでに戯れる場合はそのまま仕事道具の『E-M1 MarkⅡ』を使用。

実はこのシルバーカラーのMarkⅡは『全世界2000台・限定モデル』だったりするわけですが、世界で2000台って希少なのかそうでもないのかよくわかりませんなぁ…。

とりあえず同じカメラを持っている人と出会った事は一度もありませんが、そもそも仕事でも遊びでもオリンパス持ちと出会う事自体が滅多にありません。

今では1600万画素は決して高画質とは言えませんし、高感度耐性の関係で夜間はへっぽこですが、食卓にコイツを乗せて眺めながらご飯3杯は喰えるほど愛しているカメラです。

OLYMPUS OM-D E-M1 初期型

OLYMPUS OM-D E-M1 シルバー

交換レンズ等を持たず、軽いノリで徘徊する場合は『E-M1 初期型』『M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ』装着で。

レッグバッグにすっぽり入るサイズが非常に助かります。

2013年製ということで古さは否めないものの、まだまだ素敵な画を吐き出す事が可能な頼れる老兵。私を大きくスキルアップさせてくれた思い出深い1台で、持ち歩いていて一番しっくりくるカメラだったりします。

OLYMPUS OM-D E-M5 初期型

OLYMPUS OM-D E-M5 シルバー

こんな言い方はこのカメラを愛用している方に対して非常に失礼なのですが…

失くしたり壊したりしそうな場所はE-M5

…です(笑)

『薬莱でキノコ採り・あっちもこっちも熊の〇〇〇!』の際に「40-150mm F2.8レンズ(18万円)を失くす」というアクシデントに見舞われたため…もう遊びで山に入る時には大事なモノを持っていくのはやめようと固く決意。(その後レンズは無事に発見)

自分の世界に入って行動している時は大丈夫なのですが、誰かと一緒だと集中できなくてダメなんですなぁ。

レンズは簡易マクロ付きの『12-50mm F3.5-5.6』

これなら万が一両方失くしたり壊したりしたとしても、半日へこむ程度で済みますし…。

今は亡き四男(E-M10 初期型)

om-d e-m10

せっかく三兄弟揃っての紹介なので、今は亡き四男の遺影も。『OM-D E-M10 初期型』になります。

私をOLYMPUS信者に陥れたきっかけでもあり、非常に愛着のあるカメラだったのですが…現在は所有していません。

カメラバッグ

数年前には『いかにもなルックスのカメラバッグなんて持ちたくない。ダサいから』などと言っていましたが、人の心は変わるもの。

結婚したばかりの頃は頬を赤らめながら『あなたは自由に生きてていいの。一緒にいてくれるだけでいいの』とか言っていたはずの奥さんが、7年後には親の仇を見るような目で『もうホント無理。耐えられない。離婚して下さい』とか言い始めたりするわけですから。そりゃもう大変でしたよ・・・。

…というわけで、現在は別の女性と再婚…ではなく、いかにもなカメラバッグを持ち歩いています。コレもまた徘徊スタイルによって変わりますけど。

HAKUBA IND2 P200

IND2 P200

愛用カメラバッグは『IND2 P200』

著名なカメラマン兼デザイナーがプロデュースした品だけあって、非常にユーザー目線で作られており機能性も抜群。コンパクトなミラーレスならばレンズ付きカメラを2本入れても十分余裕あり。

ショルダータイプのバッグを検討している方には熱烈オススメしたいほどの傑作ですぞ。ちょっとデカいけど。

ちなみに中身はこんな感じ。

カメラバッグの中身

底に3cm厚のウレタンフォームを敷いているのは、バイクの荷台に括り付けて走る際に振動から守るため。機材の総重量は約5kg、バッグの重さが1.4kgあるので概ね7kg。

この重量とサイズでボディ2台&焦点距離14mmから300mm(35mm換算)まで楽々持ち歩けるというのは、まさにマイクロフォーサーズの強みですな。

仕事時はこれにさらにリュックを背負い、徒歩で一日中歩きながら撮影しています。

よくわからないバック

よくわからないカメラバッグ

仕事抜きで気楽に戯れる場合はこの『よくわからないカメラバッグ』を使用。W-ZIPとか書いてありますが、やっぱりよくわからん。

山形県を訪問した際にリサイクルショップで未使用品を発見。2000円で購入したもの。

『40-150mm F2.8』を装着したE-M1がちょうどすっぽり入り、小さいクセにポケットも多数ついていて便利。交換レンズが入るスペースはありませんので、サイドポケットに『14-42mmのパンケーキレンズ』だけ入れています。

仕事も全てコレで済ませられれば良いのにと思うほど使い勝手の良いバッグで、訪れた場所の缶バッヂを増やしていくのが楽しみでしたが…いつの間にか無くなっており現在は2個だけ。

カメラの話/あとがき

当ブログ開始時には「とりあえず写せりゃ良い」というノリでコンデジを使ったりしていたわけですが、時を重ねるごとにどんどん欲が出てきてしまい、結局は仕事道具を持ち歩くように。

これでキヤノンやニコンを選んでいたら金も荷物もどうなっていた事か…。軽量コンパクトかつ安価なオリンパスを選んでいて良かった…とつくづく思いますなぁ。

冒頭でも少し触れましたが、オリンパスと聞くと「マイクロフォーサーズはセンサーが小さいから~」などと知った風な口を聞きたがる輩は多くいます。しかし大事なのは自分には何が必要で、ドコに特化していくかという点。片道30分の通勤にしか使わないのにフェラーリに乗るのは無駄ですし、農作業にレクサス使う人はいないでしょう(いるかもしれませんけど)。

わたしゃ見栄やカッコつけでカメラを持ち歩いているわけではないので、現状オリンパスとマイクロフォーサーズが最適解なのです。

まぁ数年後にはどうなっているかわかりませんけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です