カメラ缶型チョコレートをいただきましたっ。

若かりし頃は『バレンタインデー』と言えば朝からドキドキソワソワ。学校が終わっても無駄に教室に残ってみたり、何度も下駄箱をチェックしたりししたものですが…歳をとった今となっては『面倒臭い社交辞令』に過ぎず、今日がバレンタインデーだなんてすっかり忘れていました…。

…が、思いがけず義姉よりこんなチョコをいただいてしまいました。おおっ、なんだのこのテンション上がるチョコはっ!!

EUREKA(KALDI?)カメラ缶チョコレート

カメラ缶チョコレート

私はチョコレート関係の知識は全くないのですが…缶表や裏書には『EUREKA』と書いてあるものの、調べると『KALDI』という名前が出てきます。どういう事なのか全くわかりません、教えて可愛い人。

それにしても見れば見るほどヨダレが出てきそうなほどにシャレが缶ですな。レンズの諸元表示は「アレ?」な感じですが、そんな事どうでも良いじゃないですか。カメラが好きでそっち関係を生業としている人間とすれば、この無駄に細かいルックスだけで大興奮ですよ。

しかもコイツ、なんと…

レンズが取れるチョコレート

レンズが取れるんですよっ!

これはつまり『よーし、望遠レンズに交換してボケ味のあるチョコにしよう』とか『今日はお出かけのオヤツに持っていくから、広角レンズを付けてキッレキレの味を楽しもう』とかできるって事ですよ!

注!)レンズを交換してもチョコレートの味は変わりません。というか交換レンズなんぞ売っていません。

コダックフィルム風チョコ

さらにチョコの個包装はコダックのフィルム風。

とにかく細部まで『カメラ好き』の心をくすぐる仕様になっていて、芸が細かいです。

さてさて…

普通であればこのへんで『チョコを食べたら小物入れとしても使えますよ!』みたいな事で締めくくるところですが、私は特殊な性癖を持っているのでノーマルなレビューでは満足できません。

せっかく素晴らしいチョコレートをいただいたのですから、もっとアブノーマルな楽しみ方を堪能してみようじゃありませんかっ。

レンズ交換してみた

レンズ交換したチョコレート

おおっ!ぜんぜん違和感がないっ!!(笑)

このカメラ缶型チョコレートに合いそうなオリンパスの薄型レンズ、14-42mm(パンケーキ)を付けてみました。サイズ感バッチリ、ちょっとしたトイカメラのようで、各段にオシャレ感がアップしました。

む?待てよ?という事は…

OM-D D-M5にカメラ缶チョコレートのレンズ

がははは!こっちも違和感あまりないっ!!(笑)

今度はサイズとスタイルが似ているミラーレスデジカメ、OLYMPUS OM-D E-M5にチョコレート缶から外した缶レンズを付けてみました。

缶なのでレンズ表面は真っ平らなのですが、光の反射が印刷されているので立体感があります。

いやいや、パッと見コレでも全然バレなそうですな。そのまま首からぶら下げて歩いていても誰も気づかない事でしょう。撮れないけど。

レンズ交換したカメラ缶チョコを並べてみた

二つ並べてみました。なんかシュールで良い絵ですなぁ。

どっちが本物なのか迷うほどに違和感ありません。

カメラ缶型チョコレート・あとがき

EUREKAカメラ缶型チョコレート「

側面、レリーズボタンとフィルム巻きもしっかりついています。

なにやら数量限定だったとの事で、ものすごく探し回ってくれたそうです。ありがたい…。

こりゃあホワイトデーは奮発してスゴいのをお返しせなばなりませんな。何が良いでしょう…できるだけバカなお返しを考えておかねば…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です