日本三景としても有名な松島に、紅葉のライトアップで有名な【円通院】があります。

今回はそちらを徘徊したお話なのですが、詐欺だとか騙しだとか言われる前にハッキリと宣言しておきます。

「今回、ライトアップの写真はございません!

[円通院 ライトアップ]でググったらこの記事に当たり、さんざん読まされた挙句に「ライトアップないじゃん!」となってしまっては「戯れアウトロー徘徊記」のイメージダウン。当ブログは「無駄に誠実」をモットーとしておりますから。

今回はライトアップが目的ではなく、どの程度まで紅葉が進んだのか・・・を偵察してきましたので、そのあたりを気にしている方の参考になれば幸いです。

臨済宗妙心寺派円通院

円通院 戯れ情報

公共交通機関:JR仙石線・松島海岸駅より徒歩5分。

自動車:三陸自動車道・松島海岸ICより5分。

参拝料:大人300円・高校生150円・小中学生100円(ライトアップ時の夜間拝観料は別)

公式サイト⇒http://www.entuuin.or.jp/index.html

「松島海岸ICより5分」となっていますが、それは車で直接円通院まで行った場合の時間。周囲に有料駐車場は多数ありますが土日祝日などは大変混み合うため、離れた場所に駐車せざるを得ない場合もあります。ご注意を。

ちなみに松島には町営の無料駐車場もあります。

松島無料駐車場

看板には「海岸広場まで徒歩5分」となっていますが、普通の方の足では5分は無理なのでは…。

場所はコチラ。

松島海岸ICから来た場合は左側。45号線で来た方は松島海岸駅前信号(旧松島水族館があった付近)を左折すれば右側に見えてきます。

2018/11/3の円通院・紅葉

…というわけで、さっそく拝観料を払って中に入りましょう。

紅葉の季節の土曜という事もあり、やはり人が多いですなぁ。

石庭

入り口すぐの石庭付近は…6割といったところでしょうか。まだ「一面の紅葉」といった雰囲気ではありません。

写真は最も紅葉が目につく位置と角度で、少々色味を盛って撮影しています。

記念撮影場所

近くにはこれまた素敵な記念撮影スポット。

人空きのチャンスを伺うため近くで待機していましたが、多くの方が記念撮影をしていきます。

若い女の子グループに「撮ってください♪」とか言われたらどうしましょう・・・なんてドキドキしてみますが、やはりこんな怪しい巨人には誰も頼みませんでした。うむ、正しい判断です。

この石庭から左手奥に進んだ先には三慧殿(さんけいでん)という光宗公の霊廟があります。

三慧殿

階段のようなスロープのような、微妙な石段を登った先。

この付近はまだ全く紅葉していません。一面緑の木々に囲まれています。

本堂付近

真っ赤に色づいた木も混じってきましたが多くは緑。せいぜい黄色。まだ2~3分程度の紅葉具合です。

円通院に何度か来た方ならばお馴染みの「ウンチク垂れながら案内してくれるオッサン」が今日も張り切っています。

見頃はまだ先

それなりにキレイな景色は見れたものの、紅葉を楽しむならばもう少し先でしょうか。

入り口付近はそれなりに良い雰囲気を醸し出していますが、全体的にはまだまだ緑が目立ちます。

香

ただし、紅葉真っ盛りになるとさらに混み合うので、少し早めの時期に訪れてみるのも良いかもしれません。ライトアップはさらに混雑しますし。

なお、境内は「三脚or一脚使用・自撮り棒」での撮影は禁止となっています。マナーを守って紅葉を楽しみましょう。

おまけメシ

朝から何も口に入れずに午後まで動いていたので空腹がピークを迎えました。

せっかく松島に来たのですから、何か美味しい物を食べたいところですなぁ。

広場

おおっ?遊覧船乗り場の広場にケータリングカーが多数集まっているじゃないですか。珍しく土日に出かけると楽しそうな催しに出会えますなぁ。よし、ここで何かいただきましょうか。

唐揚げ、ピザ、焼きそば等々・・どれも美味しそうな食べ物ばかり並んでいます。迷う・・・。

メシ

どどん。こんな感じにチョイス。

「石巻焼きそば」「肉巻きオニギリ」「ホルモン唐揚げ」「ツブ焼き串」です。燃費の悪い大型ボディなので全く足りませんけど。

目玉焼きが乗っていないと「普通の焼きそば」にしか見えませんが、味はしっかり石巻焼きそばでした。

あとがき

紅葉の波

現在いつもの戯れ愛車が修理の部品待ちのため、乗る事ができない状態です。

本当は鳴子や作並の紅葉もお届けしたかったのですが・・・。

早く直して、寒空の下放浪したいものです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です