花巻駅からほど近い距離にある『未来都市銀河地球鉄道壁画』、夜になると銀河鉄道が大きな壁に浮かび上がる!という壮大かつ夢いっぱいなスポットでの戯れでございます。

それにしても長くて読みづらい名前だな・・・なんて思ったり思わなかったり。

所在地&アクセス

まずは場所から。

JR花巻駅から徒歩数分。実にアクセスしやすい場所にあります。

住所は県道297号線沿い、区画としては『岩手県花巻市愛宕町11』となり、ナビ使用の場合はお隣の『花巻神社』も目印になるかと。

なお壁画観覧用の駐車場はありません。お車でお越しの際は注意(詳細は後ほど)。

それにしても『未来都市銀河地球鉄道壁画』ですよ。まるで検索ワードをこれでもかと詰め込んだような名称で、いったいドコで区切って良いのやら。

声に出して読んでみてくださいよ。『みらいとしぎんがちきゅうてつどうへきが』ですよ。宮沢賢治ゆかりの壁画なのは明白ですが、なぜ『銀河』『鉄道』の間に『地球』を挟んだ?

つい先日の『鬼死骸停留所』といい、今回の徘徊はやたらと漢字が並ぶ戯れですなぁ…。

花巻駅

花巻駅

さぁ到着しました『花巻駅』、連日曇り空でしたが相変わらずの晴男っぷりで快晴。

ではさっそくですが未来都市銀河地球鉄道まで行ってみようじゃありませんか。

・・・歩くこと数分・・・

未来都市銀河地球鉄道(昼)

ほい!もう到着!

いつも目的地まで2時間も3時間も歩くのに慣れているため、この距離ならば自分の部屋からトイレへ行く程度の感覚。危うく到着時にパンツを下ろしそうになりましたぞ。

どうですか、この大きさと長さ。

この擁壁は高さ10m、幅80m。通常のレンズでは端から端まで写せないほど壮大に描かれております(写真は16mmで撮影)。後ろに下がれば全体撮影も可能ですが、電柱やら街灯やら余計なものが入ってしまうのが残念。

このままでも十分素晴らしいのですが、やはり「ちょっと物足りないかな…」と感じる方もおられるでしょう。ええわかりますとも。

ご存じだとは思いますが、この壁画が真の威力を発揮するのは『日没後』

さっそく夜の姿をお見せしましょう!!・・・と言いたいところですが時刻はまだ13:00。このまま6~7時間ココでずーっと待っているのもアレですので、わたしゃいったん別の場所を回ってきます。

ではでは、また夜にお会いしましょう!

ここからテクテク歩いて花巻温泉郷『釜淵の滝』へ移動
↓記事はこちら↓

花巻『釜淵の滝&緒ケ瀬の滝』アクセス簡単・ビギナー安心!

今回は岩手県花巻市、花巻温泉郷の『釜淵の滝』、そしてすぐそばにある『緒ケ瀬の滝』を徘徊。バス停から歩いて数分の場所にありアクセスも簡単、山の中をえっちらおっち…

未来都市銀河地球鉄道

ただいま帰ったぞ!

いやぁとても素晴らしい滝でした。花巻にお越しの際は釜淵&緒ヶ瀬の滝もオススメですな。

徒歩で行ってきたので往復だけで約4時間。イイ具合に時刻は19:00過ぎとなっています。

さぁさぁ、お待ちかねの『未来都市銀河地球鉄道(夜)』へ突撃しようじゃありませんか。

準備は良いですか?目ん玉かっぴらいてしっかり見るのじゃぞー。

未来都市銀河地球鉄道(夜)

ド・ドーン!!

どうですかこのライザップ前・ライザップ後のような「うそー別人みたーい」感。うちのカミさんの化粧前・化粧後に匹敵するほどの変化に全米も泣きますわ。

なんでも特殊な塗料で描かれているらしく、紫外線ライト(いわゆるブラックライト)を照射することによってこの幻想的な壁画が浮かび上がってくるとのこと。

なおライトアップの時間は決められており、基本的に『日没~22:00』となっているそうです。

未来都市銀河地球鉄道(一部拡大)

壁画中央、輪のある惑星を拡大。

これがまた細部までやたら細かく描かれているのですよ。

なお先ほど「後で」と言った駐車場の件。重ねて言いますが壁画の専用駐車場はなく、近隣に有料駐車場などもありません。

しかしできれば車でお越しの際は、

目の前に路上駐車はやめましょう

私が撮影していた小一時間ほどの間にも壁画の目の前に停車して見学する車が何台かおり、通行の妨げとなっていました。

法律上は『駐車禁止』のエリアであり停車は違法ではありませんが、ちょっと考えてみましょうよ、近隣住民やここを生活道路にしている方達の気持ちを。

あろうことか壁画前のアパート駐車場に勝手に車を停めているオッサンまでいて、さすがに呆れましたぞ。

「ちょっとだからいいだろう」「駐車場がないのだから仕方ないだろう」は身勝手極まりない理屈です。

もちろんやむを得ない事情がある方もいるでしょう。うちの姉も障害があり歩くことができないので気持ちはよくわかります。しかしそういった方以外はなるべく邪魔にならない位置に停めて歩いてきましょうよ。健康のためにも、ね。

・・・と、読んでいてい気分の悪い話をしてしまったお詫びに、こってりと盛りまくった

未来都市銀河地球鉄道(夜)
超やりすぎver.

でもご覧に入れましょう。

これで気分を直して下さいな。

未来都市銀河地球鉄道(盛りすぎバージョン)

がはははは!まさに銀河鉄道ここにあり!(笑)

あまりの盛りっぷりに宮沢の賢ちゃんも草葉の陰で泣いていることでしょう。

最近はフォトレタッチソフトが急激に進歩して、空を差し替えたり人物を消したりが簡単にできるようになりましたなぁ。写真撮りの中にはこの手の技術に拒否反応を起こす方も多くいますが、わたしゃコンテスト以外では遠慮なく使う派。

実はここだけの話、さきほど見せた1枚目の『未来都市銀河地球鉄道(夜)』も空は差し替えていたりします。

未来都市銀河地球鉄道・あとがき

鋼の芽

…というわけで、なんとなーくGoogleマップを眺めていて発見した『未来都市銀河地球鉄道』の壁画。

一関に仕事で滞在するついでの戯れ徘徊でしたが、ここまで壮大で素晴らしい壁画だとは思いもよりませんでしたわい。まだまだ近場にも知らない激熱スポットがあるもんですなぁ。

実はワタクシ、『老後住みたい町』の第一位がここ花巻だったりします。

とても良い場所ですよ。皆様も緊急事態宣言等が落ち着いたならばぜひ花巻へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です