『支倉常長メモリアルパーク』をゆっくり…む、虫がっ!虫がぁぁ!!

最近は岩手でぐるぐる徘徊したり、ちょっと派手に動き回っていましたが…

今回はちょっと初心に帰り、宮城県内の小さな公園で戯れてきました。

こういったローカルかつマイナーな場所を訪れ、誰得な記事を垂れ流す…というのが当ブログの本来の姿だったはず。どうも最近は本業のほうに引っ張られてしまい、メジャーな場所ばかり訪れてしまっていました。いかんいかん。

・・・というわけで、『支倉常長メモリアルパーク』ですよ。

支倉常長メモリアルパーク

まずは場所から。

支倉常長メモリアルパークは宮城県黒川郡大郷町にあります。

支倉常長メモリアルパーク地図
© OpenStreetMap contributors

この地図だと「ドコよココ!?」といった感じですが、実際に行ってもまさにそんな感じです(笑)

ナビなどを使わずに場所を覚えてのバイク移動だったのですが、途中で何度も地図を確認しました。。。

支倉常長メモリアルパーク

ちょっと迷いながらも到着です。ご立派な銅像がお出迎え。

支倉常長メモリアルパーク
所在地:
宮城県黒川郡大郷町東成田字山合4の1

入園料:
無料

駐車場:
あり(無料)

公園ですので、入園料などはかかりません。想像以上に立派で綺麗な公園ですよ。

駐車場は7~8台ぶんといった広さ。アホみたいに混み合うような場所でもありませんので、土日祝日でも心配無用だと思います。私が訪れたのは平日の15時くらいでしたが、車のドアを開けてダラーっと寝ているオッサンしかいませんでした。

園内地図

園内はこのようになっています。意外に広いっ。

『光の列柱』というのがものすごく気になりますが、かなり寂しい場所にあるので…夜にここに来るというのもちょっぴり抵抗を感じます(笑)

入り口の広場は手入れも行き届いており、とても気持ちの良い空間です。かなり良い穴場を見つけた気分になりました。やっぱり夜にもまた来てみようかな…。

登れ。常長の墓を目指して。

素敵な橋を二つ渡った先には、支倉常長の墓へと続く登り階段があります。

墓への道、最初の階段

それほど急というわけでもなく、適度に…ぷわっ、虫がっ。ブンブンうるさい虫が頭の側を飛び回っています。

さぁ登ってみましょう。もちろん他に人はいません。いつもの事ですが完全貸し切りです。

支倉新右衛門の墓

おお、コレが支倉常長の墓ですか。ずいぶん質素だなぁ。

支倉つね・・あれ?常長ではない・・・新右衛門?

どうやらコレは『支倉新右衛門常次』という方のお墓で、常長の義弟にあたる人のようです。

昭和生まれとしては新右衛門…というと、どうしても一休さんに出てくるケツアゴの人が浮かんでしまいます。。。

支倉常長の墓への道

支倉常長の墓はもっと奥。さらに登った先のようで・・・うわっ!また虫がっ!!

私の頭というか…顔の周りを何かが羽音をたてて飛んでいます。き・・・気になる・・。

虫には多少慣れていますが、さすがにブンブンうるさいのがずーっと飛んでいるのは気分が良くありません。 手をぶんぶん振り回しながら足早に登っていくことにします。

支倉常長の墓…むっ…虫がっ!

支倉常長の墓への階段

ありました。アレが支倉常長の墓ですな。

うーむ、なんというか…異様な空気というか、ぞわぞわするものを感じます。

霊感とかそういった類の話に持っていくのは好きじゃないのですが、何か落ち着かないような…なんでしょう、これ。

ちょっとためらいがありますが一応ここまで来ましたし。お墓を参っていかないことには始まりません。なお、お墓アップの写真を載せるのは控えさせていただきます。

・・・って、虫がっ!虫がぁぁぁぁ!!!

このへんに来たら、ブンブンブンブンとすごい音で何かが顔の周りを飛び回っています。蚊とか蠅のレベルではない音量ですが・・姿が見えないっ(泣)

法名簿

お墓の横に記入台があり、こんな張り紙がありました。

法名簿・・・えーと、法名簿はどこだっ!?む…虫がっ!!くそう、虫を払うのに必死で法名簿がドコにあるのかわかりません。

もう明らかに1匹の羽音ではないですし、ハチとかそっち系の音にも聞こえます。

さっきから必死に腕を振り回しつつクネクネと暴れているので、この光景を遠くから誰かが見たら…

「墓の周囲でヘンなダンスを踊っている不審な男」

にしか見えないことでしょう。うるせぇ、こっちは必死なんだっ!

せっかくここまで来たんだ、法名簿に記入したいっ!!どこだ!?・・・うわ、なんかほっぺにとまった!!ぎゃーー!!!

全速撤退っ!!

隊長、もう無理です。

すごい羽音に囲まれているクセにぜんぜん敵の正体が見えません。

おそらくハチではないと思うのですが・・・姿が見えないってのは怖いよっ!

説明書き

近くに説明書きの石碑があったのですが、もう読んでいる余裕なんてありませんので…横を小走りで抜けながらササッと手を伸ばして撮影してきました。

手振れ補正が強力なカメラに感謝。

けっこう足早に逃げているのですが、ブンブンの羽音はやむことなくついてきます。

・・・もしかして、コレって虫じゃなくてヤバい系?

いつも人妻の尻がどうとか、そんな事ばかり言いながらブラブラと放浪ばかりしているから…何かに祟られてしまったのでしょうか…。

虫ぶんぶんメモリアルパーク・あとがき

支倉常長シルエット

ふぅ、どうにか支倉常長像のところまで戻ってきました。

もうブンブンと羽音は聞こえません。やはり普通に虫だったようですが、万が一という事がありますので…支倉常長公をカッコよくシルエットで撮ってあげました。

どうか私を祟るのはやめて下さいな…。

・・・ということで。

実は今回、なぜ『支倉常長メモリアルパーク』を訪れたかというと…

NEXCO東日本で開催している『旅しよう!東北6県スマホスタンプラリー』というものがありまして。

『旅しよう!東北6県スマホスタンプラリー』公式サイト

スマホのGPS機能を使用して、東北の各地を訪れつつスタンプを集めていこう!といった催しです。

それの1ヵ所として指定されていたのがココ、支倉常長メモリアルパークだったんです。こんな場所があるなんて、訪れるまで全然知りませんでした。

調べてみたら1996年開園とありましたので、もう20年以上経っているのですね。

あちこち新しくなっていましたので、しっかり環境整備して維持しているのでしょう。素晴らしいです。

ぜひ皆さまも機会があれば、訪れてみてください。ただし虫には注意ですよ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です