船でゆったり『 伊豆沼・内沼はすまつり』

冬には飛来する白鳥を見に来る方も多い、登米市と栗原市にまたがる「伊豆沼」

四季を通じて渡り鳥が豊富で、越冬地としては日本最大級の大きさを誇り、国の天然記念物としても指定されています。

今回はその伊豆沼で戯れ徘徊。目的は白鳥ではなく、蓮(はす)です。花にはあまり興味はありませんしレンコンも嫌いなのですが…まぁたまには良しということで。

伊豆沼・内沼はすまつり

伊豆沼・内沼はラムサール条約(湿地保存に関する国際条約)にも登録されており、387ヘクタールの面積をもつ低地湖沼。東京ドーム83個分だそうです。

この「東京ドーム○○個ぶん」という表現はよく聞きますが、東京ドームに行ったこともなければ見たこともない、それどころか野球にまったく興味がなくグラウンドの大きさすら想像できない者(私)にとってはまるで無意味な表現だったり。

テレビ等で「新宿駅から東京駅くらいの距離」とか「山手線がどうのこうの」とか、なにかにつけて関東基準で説明されるのもさっぱりわからんですよ。たまには「八木山動物園○○個ぶん」とか「長町駅からモールくらいの距離」とかで例えて欲しいものですな。

…というわけで、この伊豆沼・内沼の広さ。1ヘクタールをメートルで換算すると10000平方メートルになるので・・・なんと387万平方メートル!!これはこれでさっぱり想像がつきませんな。

ちなみに日本人ならば居住地関係なく想像できるであろう『畳』を敷き詰めたとすると、その面積は200万畳以上になります。

一面のはす

などと説明している間に到着。もう、一面はす、はす、はす。気持ち悪いくらいにびっしりと蓮が生えておりますなぁ。

この時期は『伊豆沼・内沼はすまつり』として、沼の中を遊覧船で巡りながら間近で見学する事が可能になっています。

戯れ情報
『伊豆沼・内沼はすまつり』

場所:

東北自動車道・築館ICより車で10分

開催期間:
7/20~8/31
(開花状況によって変動)

遊覧船営業時間:
8:00~16:00
(天候等により変動)

遊覧船料金:
大人700円・子供400円
(船に乗らずに見るぶんにはタダ)

栗原市観光ポータルサイト
『ぎゅぎゅっとくりはら』

ところが私が到着したのは16時すぎ。事前に調べた遊覧船の運行時間はすでに過ぎてしまっているのです。

まぁとりあえず遠くから眺めることに・・・・あれ?出航した。最終便?・・・いや、多くの人が乗り場に集まって……あ、また出航した。あれれ?

急いで乗り場に行ってみると、船の前で「はいはい、乗りたい人がいる間は乗せるよー」とオジサンが呼び込んでいます。おいおい、ずいぶん適当だなぁ。

しかしこれはチャンス。せっかく来たのだから乗せていただきましょう。

はすまつり遊覧船

乗船、そして出発!おおー、視点が低く、沼の周囲から見る景色とは違った雰囲気で見ることができます。

観覧中、船を操縦しているオジサンがいろいろとウンチクを垂れ流してくれます。それなりに興味深い話ではあるのですが、とにかくベラベラベラベラと延々喋りっぱなし(笑)

オジサンのウンチクによると、蓮は朝に咲き日が昇るとしぼんでくるそうな。…ですので、もっと早い時間に来ないと美しい満開は見られないとのこと。

どうやらオジサンのすぐ目の前に座ったのが失敗だったらしく、お客さん全員に語るウンチクの合間、ずーっと私個人に向かって「ダメだよー、こんな時間に来ちゃー」「もっと早く来なきゃならないのさー」としつこくダメ出ししてくるんです。最初のうちは「そうですね」と合わせていたものの、乗船から下船までずーーーっと同じことをネチネチと言ってくるので…

うるせぇ、偉そうな口聞くな!しつこいわっ!!

…と、伊豆沼に突き落としてやりたくなりましたよ。

気さくなのは良いですが、お客さんに対する態度はもうちょっと考えて欲しいものですな…。

はすの空

オジサンはうっとおしいですが景色は素敵。空も青く、水も綺麗。残念ながらたしかに満開とは言えないものの、十分に美しい景色に満足です。

ちなみにこの沼はラムサール条約で保護されているので、切花はもちろん、蓮根なども一切採取してはいけないそうです(しつこいオジサンのウンチクより)

蓮華

こんな感じでつぼみが多くなっています。しかしそれでもけっこうな数が咲いていましたし、草花に興味のない私でも本当に美しいと思いました。

沼の近くにはサンクチュアリセンターという施設があり、伊豆沼にすむ様々な生き物の解説なども読めましたよ。展望コーナーから望遠鏡で蓮や鳥を観察する事もできます。ここもとても面白い施設でした。

伊豆沼・内沼はすまつり/あとがき

赤い雲

今日はイロイロと濃い1日で、体力的にも精神的にも疲れましたわー。歳だなぁ。

暑い毎日が続いています。皆様も熱中症などにはくれぐれも注意し、楽しい行楽を・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です