『泉ボタニカルガーデン』(10月)を覗いてみたり

秋です。1年の中で最も好きな季節になりました。

春も心がザワザワして好きですし、夏の暑さもテンション上がるから好き。要するに冬以外は全部好きということですな。

今回はふと思い立って『泉ボタニカルガーデン』に。特に用事があったわけでも行きたかったわけでもありませんが、たまにゃカミさんを散歩に連れてってやろうかな、と。

泉ボタニカルガーデン

入り口

うーむ、天気は絶好の散策日和!…とは言い難い、薄曇り。

なんかヘンなカボチャが・・・そうか、ハロウィンかっ!

最近は日本でもメジャーになってきましたが、どうにも馴染めないイベントですなぁ。結局ただのコスプレ祭りになっていますし。

戯れ情報
『泉ボタニカルガーデン』

所在地:
宮城県仙台市泉区福岡字赤下
TEL 0120-027-028

開園時間:
9:30~17:00

入園料:
大人500円・小学生100円
(団体割引あり)

休園日:
4~6月は無休
7~11月は毎週水曜日
(閉園期間は年によって変動)

公式サイト:
泉ボタニカルガーデン

2018年は11月11日の営業を最後に閉園。2019年の4月13日までお休みです。

夏にカミさんを連れてきた時に「季節をずらしてまた来てみたい」と言っていたので今回の訪問となりました。10月15日現在の見ごろな植物などもご紹介できたら…と思っていますが、私のことだから変な方向に曲がっていく可能性もあります。自分でもわかりません。

入園料を支払って・・さてさて、入ってみましょう。

ハロウィン全開

かかし

すごいっ。園内のあちこちにハロウィンムード満点のカカシ。

意外に手が込んでいますぞ。

入り口から少し入ったあたり、こんな場所も作られていました。

撮影スポット?

おお、これは完全に「ここで記念撮影してね」の記念撮影スポットですな。右の木陰から覗いているヤツが気になります。

すごい、かなり本気で作っていますなぁ。…で、墓に書いてあるR・I・Pって何?

戯れ流・豆知識
『R.I.P.』

R.I.P.はラテン語の「requiescat in pace」の略で、「安らかに眠れ」という意味。

ここの墓石では抜けてしまっていますが、本来は「R.I.P.」と、Pの後にもピリオドが必要。SNSやネットでのスラングで「死んだ」「オワタ・・」のニュアンスで使用する場合もあり、その際はピリオド無しの「RIP」と表記するそうです。

記念撮影

カミさんがスマホで撮影。

あんな位置でいったい何を撮ろうとしてるんだろうね、この人は。

それにしても「人に撮られる」ってのは恥ずかしいものですな。ソロ行動時にセルフタイマーかけて自分を撮るのは全然恥ずかしくないのに。たぶん普通は逆なんでしょうけど。

見頃の植物は…

園内を奥へと進んでみますが、やはり10月中旬だけにぶっちゃけ景色は寂しいです。

散策路はほぼ葉っぱだけの状態。広場まで行く途中、たまーに名も知らぬ小さい花が咲いている程度でした。

クサレダマ

はっ!こいつはっ!

前回訪れた際、その名前のインパクトが強すぎて『ひでぇ名前の植物グランプリ』の栄冠に輝いた『クサレダマ』じゃないですか。

あんまりだと思いませんか?『腐れ玉』って。名付けた人はなぜこの名称にしたのでしょう…。植物の性質等に関係があるのでしょうか。

よし、ちょっとどんな植物なのか調べてみましょう…。

・・・・Googleに質問中・・・・

ええ!?そうなの!?

どうやらこの植物は「クサレ・ダマ」ではなく「クサ・レダマ」らしいです!

なにやらマメ科の植物「レダマ」に似ている草だから「クサレダマ」とのこと。つまり「草レダマ」

要するに「シルベスタ・スタローン」であって、「シルベ・スタスタローン」ではない、という事ですな。

だったら「レダマソウ(レダマ草)」にしてあげたほうが良かったのでは…

広場

…などと考えている間に広場に到着。この辺りは色鮮やかで、ハロウィン飾りも多くなっています。さすがはメインエリア。

ここでちょっと休憩タイム。「Cafe Terrace Felicia」でカミさんにシャレた餌でも与えておきましょう。私は自販機のコーラでエネルギー補給を…。

ケーキセット

ケーキセット(日替わりケーキとドリンク)¥800。

器も素敵ですな。なんですか、このワチャワチャになっているチョコソースは。小賢しい。

一口も食べていないのでわかりませんが美味かったそうですよ。

一口もらえって?いやいや、わたしゃコーヒーがダメな人で匂いだけでオエーッとなるんですよ。なので距離を保っていました。

よく駅前やショッピングモールなどに輸入食品の店が入っている事があるじゃないですか。店頭でコーヒー配っていたりとか。アレもヤバいんですよ。しっかり息を止めて通過しないと胃の中のものが逆流してきます。

どうしてあんなもんを美味い美味い言うんでしょうねぇ。藤岡弘とか理解できませんな。

ちょっと調べてみた
コーヒー格言集

「1杯のコーヒーには40年の思い出がある」
トルコの諺

「コーヒーあるところ、平和と繁栄あり」
エチオピアの格言

「ああ、これでコーヒーカップを手にする事ができなくなった・・」
哲学者ルソー、辞世の句

これ以外にも山ほどありましたが、どれもこれも「コーヒーは素晴らしい!コーヒーは人生そのもの!コーヒー飲まないなんて馬鹿じゃないの!?」的なノリ。

昔からよく言われてましたよ、「コーヒー飲めないの?うふふ、子供みたーい」みたいな事を。

もうパンツ下げて「どうだー!これでも子供みたいかー!」とブンブン振り回しながら追い回してやりたくなりますな。まぁ振り回すほど立派なモンもついてないですけど。

シャボン玉

そこで不意にシャボン玉!!

なんかネタが下品だったので、美しいシャボン玉の写真でごまかします。ほらほら、綺麗ですねー。

コキア

周囲の樹木の紅葉はまだまだですが、コキアは美しく色づいています。

この季節だから見ごろなのではないか・・と期待していた、秋咲きのコスモスは1本も見つけられませんでした。残念。

あとがき

秋

広場の奥、少し高台になっている場所。いかにも「秋」みたいな写真になっていますが、色相を調整して盛っています。

閉園が近いという事もあり、入り口と広場以外の場所はあまり見どころがありませんでしたが、本気で作ってあるハロウィン飾りを見るためだけでも十分行く価値がありますよ。ぜひ足をお運びください。

コーヒーも好きなだけ飲めばいいさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です