『秋の味覚』マスタケ&ナラタケを狩る!マイタケは…見つからず!

猛暑も終わり、連チャンの台風も落ち着き、やっと行楽に最適な秋がやってまいりました。

秋といえば?そう、食欲の秋。食欲の秋と言えば?そう、寿司です。私は寿司が大好きです。

しかし今回はキノコの記事。某山中にて『ナラタケ』と『マスタケ』を採ってきましたよー。

キノコの妖精と行く、キノコ狩りツーリング

キノコの妖精

キノコと言えばこの人。キノコの妖精サトシ氏。

彼はオリジナルブランド『motsuke』のデザイナーとして活躍しており、バイクウェアなどでお世話になっています。基本的に孤独主義の私にとっては珍しく『バイク仲間』として一緒に遊ぶ友人でもあります。

目指すは仙台市内某所。諸事情により場所は伏せさせて下さい。

もう1人バイク仲間を加えて合計3人でプチツーリング気分を味わいつつ山を目指します。

移動中

どっどど どっどど。

キノコ採りの服装そのままでバイクに乗っているので、サトシ氏は長靴でハーレーを運転。一周回ってオシャレにすら見えてきました。

到着。山入り。

山に入る

到着したら袋を用意し…さっそく山中へ。本来であれば朝早くから入山したほうが良いのですが、今回は午後からの突入になります。まだ緑が美しいですなぁ。

私はキノコの見分けなんてさっぱりわかりませんし、見つける目も持っていませんので…カメラを持ってぷらぷらついていくだけ。

ノリとしては『キノコ採り名人に密着取材!』といった気分です。完全に遊びですけど。

普段から仕事でバカみたいに歩いていますし山の中も慣れているので、スタミナ的にも山歩き的にも特に問題はなし。キノコそっちのけでハイキング気分です。

なにか発見

登る事約1時間。

キノコ妖精のセンサーに何か反応した様子。わしわしと斜面を下って行ったその先には…

マスタケ

ありましたっ!でっかいマスタケ!!

周囲にもちょいちょい同じものが生えています。うーむ・・・どう見ても素人目には「食えるキノコ」には見えません。。。。

キノコ情報・マスタケ
サルノコシカケ科に属するキノコで、大きいものになると直径30cm以上・重量5kgにも及ぶモンスター。

完全に育ち切ったものは食べる事ができないので、採る際はできるだけ若いものを。大きく育ってしまったものは周囲の薄い部分を切り落として食べる。

毒成分をもっており、しっかり火を通さないで食べると嘔吐などの中毒症状を引き起こす。外国では『毒キノコ』に分類されるケースが多く、日本国内でも毒キノコ扱いされる事もあり。

食べる時は小さめに切って天ぷらなどでいただきましょう。鶏肉のような食感と旨みを楽しむ事ができます。

これがまた重いのなんのって…。

欲張って何個も大きい状態のまま収穫したので、周囲の木の根元に隠して下山時に回収する事にしました。

大きいマスタケ

この大きさ。人の顔の倍以上あります。

マスタケという名前の由来は、紅マスやサクラマスのような色味をしているためらしいです。いまいち同意しかねますが、そういう理由ならばそう呼ぶしかありません。

さらに登る事1時間…

登る登る

しっかりマスタケを隠した後、再び山を登ります。写真を撮るために前へ行ったり後ろに回ったり…普通に登るよりも疲れます。。。しかも時々斜面を移動してキノコを探しているフリもしなければなりません。忙しい…。

ここに女性メンバーの一人でもいれば、ひたすら後ろから尻を眺めたり、流れる汗を撮影したり、再び後ろに回って尻を眺めたりと…疲労どころか時間すら忘れる行程になるのでしょうが、残念ながらどう見てもオジサン2人。尻なんて見たくもありませんし、流れる汗はただただムサ苦しいだけです。

・・・と、ここで再びキノコ妖精のセンサーに反応が。これは…

ナラタケ発見

ナラタケ発見!!

素人の私でもポンポン見つかるくらい、あっちにもこっちにも生えています。

基本的に切り株や朽木に生えるキノコらしいのですが、地質の関係なのか地面から大量に生えています。

ナラタケ

もちろん周囲の切り株にもモサモサと。

さっきのマスタケと違い、コレは素人目でも美味しそうに見えます。

キノコ情報・ナラタケ
タマバリタケ科のキノコで、地域によってオリミキ・ナラモタセ・アマダレなど様々な名で呼ばれる人気者。

炒めて食べるも良し、味噌汁・醤油汁にして食べるも良し、クセも少なく万人受けする食用キノコ。

ただし生食したりアホみたいに大量に食べたりすると中毒症状を起こす場合があるらしいので注意。何事もほどほどが肝心という事ですな。

周囲一帯、あっちもこっちもナラタケ、ナラタケ、時々毒キノコがありつつ…再びナラタケ。大漁っぷりにキノコ妖精もテンションアップ、夢中で取り放題モードを発動しているので、ちょっと離れて撮影する事に。

この時、ちょうどトレッキング中の若いカップルが通りかかったので挨拶したところ、『何を撮ってるんですか?』と話しかけていただきました。

とりあえず今日はキノコ採りのおじさん二人に密着撮影ですー…と答えたのですが、とても気さくで親しみやすい男性と可愛らしい女性で。

キノコを見せびらかす妖精
作品タイトル『キノコを見せびらかす妖精』

・・・が、私の横を通り過ぎた彼らは少し先で採取中のキノコ妖精に遭遇。

高めのテンションでキノコを見せびらかす妖精に…離れた位置からもわかるくらい、明らかに女の子のほうはドン引きしています(笑)

下山

マイタケが見つかれば最高だったのですが、マスタケ・ナラタケが大量に採れたという事で本日はここで下山。途中隠しておいたマスタケも無事でした。

下りて広い場所へ移動して…さぁさぁ山分けです。

山分け

三人で分けるには十分すぎるくらいの量が採れました。

バイクでほんの20~30分の距離で簡単に秋の味覚採取ができるなんて…これだから地方に住むのはやめられません。

『わざわざ採らなくても買えばいいじゃん』と首都圏の方は思うかもしれませんが、そのへんは実際にキノコ採りや山菜採りの楽しさにハマった人間でないとわからない部分でもありますので…。

あとがき

本当であればここから『調理→完成→実食!』とご紹介したかったのですが、残念な事にと言うか相変わらずと言うか…夢中で調理して撮らずに食べてしまいましたっ!(笑)

いつもそうなんですよ。食べ物屋に行っても撮る事を忘れて食べ始めてしまい、半分食べたあたりでカメラの存在を思い出すという…。

ナラタケの山

この山盛り感。枝やらゴミやらにまみれていますが、キノコ好きならばヨダレの出る光景でしょう。

次回はナメコを狙いに行くそうですので、うまく都合があえば同行させていただき、また記事にしたいと思います。

しかし『めっちゃ熊が出没している奥地』に入るそうで…

やはりアレを買いましょうか…いや、動物にも危険が及ぶ道具ですし、人間の勝手な都合で使うというのも…

↓アレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です