【成田真梨菜展覧会/こけしガールズinワンダーランド展】に不審者現る・・と思ったら私でした。

絵が好きです。

どんなジャンルであれ「その人の魂を削って生み出された作品」という物に、心臓を掴まれるような心地よい苦しさをおぼえます。

特に絵と音にそういう感覚を受ける事が多いので、絵は大好きです。

・・・と、いうわけで。成田真梨菜さんの個展「こけしガールズinワンダーランド展」を拝見してきました。

こけしガールズinワンダーランド展

仙台ヒルズホテル

場所はこちら。仙台ヒルズホテル1Fです。あのデカくて気持ち悪・・・ごほんごほんっ。とても立派な仙台大観音の隣です。9月26日まで開催しているとの事。

入り口からもうワンダーな雰囲気ぷんぷん

入り口

成田真梨菜さんとは直接の面識は無いのですが、何人かの友人繋がりで知っていました。作品もFacebookを通して拝見したことがあり、その「ビビッドでワンダー」な作風に興味がありました。

今日は仙台南部~東部をバイクで放浪していたので、その帰り道の訪問。日曜という事もあり、けっこう人が訪れています。

それにしても、みなさま落ち着いて品のある雰囲気で・・・。こんな空気ではワシの「アゴヒゲでバイカースタイルの巨人」というルックス、どう見ても不審者です。もはや異物です。

入り口の小絵

おおおー。LSDでもキメた時のようなこの情景。とても感性を刺激されます。(注:表現が不適切ですが決して侮辱しているわけではありません。私なりの称賛の表現です)

入り口にも数点作品があるので、じっくり見ていたらだいぶ時間が経ってしまいました。そろそろ突入してみます。

中にもワンダーな作品が多数

会場内

全部で何点くらいあるのでしょう。ちょっと数えていませんが、じっくり1作品1作品を拝見させていただきました。

露骨に全面作品アップの写真は控えてさせていただきます。しっかりと鑑賞したい方は、個展へ足をお運び下さい。

じっくり見ていて感じたのですが・・・たしかに「元気全開!」な雰囲気の作品が多いものの、ちょっと闇というか・・奥深い何かを感じさせる物もあります。個人的にはそういう作品に強く惹かれます。

「楽しさ」を表現している作品よりも「心の葛藤」を表現している作品のほうが、私は魂が共感します。

・・・・なんて知ったふうな口をききますが、しょせん変人の戯言です。彼女の作品は「溢れる元気」を感じさせるようですので、たぶんワシの感性がおかしいんですよ(笑)

追記)
当記事を公開直後、Facebookにてとある男性に文章を盗用されました。
完全コピペはなく少々言葉の表現を変えてあるものの、明らかにこちらの文章を使って書いています。

成田真梨菜さんとも友達繋がりになっていて、立派な肩書をお持ちのようですが…他人の文章をパクって得意げに投稿する事に恥ずかしさを感じないのでしょうか。
今回は本人に警告する事は控えましたが、再度同じような行為をした場合は然るべき対処をさせていただきます。

やめようよ、情けないマネは。いい年したオッサンなんだからさ…。

にゃあに?

こちら、二番目に気に入った作品「にゃあに?」です。背後の空間が引き込まれるようで、かなり長い時間足を止めてしまいました。何時間でも見続けていられそうです。

「じゃあ買いなさい」って?そりゃあ金があったら買いたいッスよー(泣)

稼ぎが少ないクセに、カメラやらレンズやらバイクやらマリンアクアリウムやら・・・金のかかる事ばかり手を出すからダメなのよね。すまん、本当に素晴らしい作品なので、しっかり「購入」という形で評価を伝えたいのだけれど・・・今日は勘弁してくれ!(たぶん明日も明後日も)

ちなみに、一番魂をつかまれた作品は内緒です。軽々しく複製したくなかったので、カメラは向けられませんでした。

「じゃあ買いなさい」って?そりゃあ・・(以下繰り返し)

立体作品もあるでよ

立体作品

絵だけにとどまらず、立体作品も多数展示されていました。これもまたビビッドな仕上がり。

平面とはまた違ったワンダー感を出しています。なんかクセになりそうだね、この感覚。

鑑賞を終えて・・・

本当は「せめてポストカードくらいは買って帰ろう」と思っていたのですが。。。とても良い作品と感じておきながら何も購入せずに退出する、という不届きな振舞いになってしまいました。

だってよー、ご本人がいたんだもの!なんか恥ずかしいったらありゃしない!

若い女の子、苦手なんだよー。。。。どうでも良いノリの時は全然平気なんだけど、こういうちゃんとした場では苦手なのよー。そそくさと逃げ帰ってきてしまいました。すまん。

戯れ我慢の限界なので観音で遊ぶ

気づけば1時間以上、本気の真面目モードで作品を鑑賞していました。どうりでワシの中の戯れBOYが「はっちゃけさせろー!」と叫ぶはずです。

こりゃこのままにしておくのは危険。ちょっとこのへんで戯れましょう!!隣の仙台大観音へ突撃っ!

大観密寺

大観密寺
仙台大観音・戯れ豆知識

全高100mのこの大観音の正式名称は「仙台天道白衣大観音(せんだいてんどうびゃくえだいかんのん)」。長いったらありゃしない。

そのデカさゆえ、地上アナログ放送時代には近隣住宅に電波障害を引き起こす原因となっており・・・テレビ塔から発信された電波を頭のてっぺんに設置されたアンテナで受信→近隣家庭へ再配信・・という中継機能を兼ね備えたサイバー観音でした。(アナログ放送終了により、現在は中継機能は使用されていません)

ちなみに胎内は十二層になっており、てっぺんは展望窓あり。エレベーターも設置されています。

この足元にはペットエコというお店があり、仙台では数少ない「本格的なマリンアクアリウム用品を購入できるお店」だったため、何度も来ていました(東日本大震災により閉鎖。近くへ移転オープンしています)

・・・が、大観音には全く興味がなく。足元まで来たのは人生初です。

観音足元

・・・・・・・・。

・・・これ、ツッコんで良いの?

こりゃねぇだろっ!なにこの適当な鈴の設置は。コレいったいなんのアーチなのよ!?

すごいなー。これもまさにワンダーですわー。大好き、こういうの。

狛犬困惑

もう狛犬もこの表情ですよ。だよね・・そんな顔になっちゃうよね。どうでも良い話ですがお口の中の玉はコロコロ動かせました。

いざ胎内へ

もうここまで来たら観音内もイッてみないと。さらなるワンダーワールドが待っている事でしょう。ドキドキです。

竜の入り口

おおお、なんかクオリティ高いっ。

入り口は龍の口になっています。牙の造形が素晴らしい。1本欲しいです。

拝観料・・・

口をくぐってすぐのところに立て看板が。なになに・・守護札料(拝観料)・・・500円・・。

ぐむむむ・・・いや、さすがに500円が払えないほど困窮はしていないのですが、なんというか・・ケチるわけではないのだけれど・・・・

「そこまでして見なくもいいや」

って思っちゃいました(笑)

やっぱりお外で遊ぶ

胎内、やめました。せっかく良い個展を見た後だし、今日のところは仏像やらを見なくても良いでしょう。

外で観音をイジって遊ぶ事にしました。

作品名は「魅惑のピンクパワーで人々にお仕置きをする大観音」です。

魅惑のピンクパワー

がはははは。寺社関係の方に「この罰当たりがっ!!」と吐くまで説教されそうです。

なんでしょう。すごくワンダーな作品を長時間見ていたからでしょうか。ヘンにテンションが高くなっています。

この文章打っている間も、ヘンにノリノリです。そうか、これが「こけしガールズinワンダーランド展」で得たエナジーかっ!

あとがき

当初の予定では「成田真梨菜氏の個展を鑑賞してきた、という真面目な記事」にしようと思っていたのに、後半はなぜか「罰当たりなおふざけ記事」になってしまいました。

でも久しぶりに文章書いてて楽しい気分になりました。

やはり魂を削って生み出された作品に触れると、こちらの感性に良い刺激になります。今後もそういった場には積極的に行きたいですね。

変人ゆえ、その刺激がどうしてもヘンな方向に出るけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です