世界中に愛好家の多い『ムーミン』、その原作の世界へとダイブできる魅惑の展示が仙台フォーラスにて開催されているというじゃないですか。今回は『ムーミン原作の世界展』で戯れる、の巻。

果たして私のようなデカムサいオッサンが入って良いのか心配ですが、いざ突撃!

ムーミン原作の世界展 仙台フォーラス

ムーミン展 仙台フォーラス

戯れ情報
『ムーミン原作の世界展』

場所:
仙台フォーラス8階特設会場

開催期間:
2021年8月6日(金)~9月5日(日)

開催時間:
11:00~19:00(最終入場18:30)

入場料:
一般800円・高校生以下600円

駐車場:
近隣の有料駐車場を利用

『~愛・自由・寛容 ムーミン谷が教えてくれたこと~』のサブタイトルと共に、トーベ・ヤンソンによる原作シリーズに焦点を当てて紹介される素晴らしい世界。
ムーミンファンを自称するならば、見なきゃ嘘になるような展示でございます。

フォーラスをエスカレーターで8階まで上がれば、会場入り口はすぐ目の前。

シャレた帽子をかぶったお兄さんが受付をしておりました。もしかしてスナフキンを意識してる?

入場料を払って早速突入してみましょうかー。

ムーミン展 会場内

受付時に確認したところ、この手の著作物系展示にしては珍しく『会場内の撮影は可』とのこと(一部撮影不可エリアあり)。

これならば存分に撮りまくってSNSにアップするも良し、帰宅してから見返してムフフとニヤけるも良し、さすがは『愛・自由・寛容』をテーマに掲げているだけあって大らかな対応ですなぁ。

では展示の一部を写真でご紹介したいと思いますが、なにせわたしゃムーミン童貞。ガチのムーミニスト(勝手に命名)の方からすりゃグーで殴りたくなるような余計な戯言もあるかと思いますが、できれば殴る時は優しく殴って下さい。

ムーミン展・見どころ

ムーミン谷のジオラマ

展示会場に入って真っ先に目に飛び込んでくるのがこの『ムーミン谷ジオラマ』 ほほう、ムーミン谷とはこんな場所なのですかー。

・・・・ん?

ムーミン・・・谷??

なんか私の目には『沿岸の平地』に見えますが…まぁ谷だっつーのならば谷なのでしょう。

非常に細かく作られており、あちこちに登場人物もしっかり存在。ミニチュア好きならばたまらない展示ですな。

ムーミン家族の団欒

そのすぐ傍には『団らんを楽しむムーミンと仲間たち』のデカい置物が。

あれ?みんな団らんかと思ったらムーミンママは紅茶を運んできたところのようで、椅子には座っていませんでした。しかもよく見りゃママの分のホットケーキは無い…。

うーむ、どこの世界でも母親って大変ですなぁ。お疲れ様です。

ムーミン展仙台フォーラスの様子

さきほどのジオラマや人形など、子供も喜びそうなオブジェ系が最初にありますが、会場内はパネル形式での『読む系』がメイン。

さすがは『原作の世界展』だけあって絵本の世界をとことん追求した作りで、「ムーミン可愛いから好きー」といったノリでビジュアル的に惹かれている方よりも、あくまで『作品』としてムーミンを愛している方、一度は本を読んだことのある方が楽しむような展示となっております。

そのせいか会場内は若いコよりもある程度大人になった女性がほとんど。ぺらーっと眺めるだけの方はおらず、みな1枚1枚じーっくりと読み込んでいる様子。

さすが、ガチのムーミニストが集まる催し、わたしゃこの会場内では完全に異物ですな。

ムーミン谷の夏まつり

こちらは『ムーミン谷の夏まつり』

説明によると「大洪水でばらばらになった一家の再開のシーン」とのこと。

実はコレ、動いているんですよ。真ん中でムーミンたちがグールグルと回る展示になっています。

動いている姿もご紹介しようと思ってGIFを作ったのですが、重くなったので断念。回る姿はぜひご自身の目でご覧ください。

ムーミンクイズ

展示会場内には何枚かの『ムーミンQ&A』も。

おそらくスライドさせて答えを見る形式だと思いますが、コロナ対策のためか最初から答えが開いている形になっています(写真では回答部分を消しています)。

楽しみたい方はくれぐれも答えのほうを見ないように。というかムーミニストにとっちゃ屁でもないようなクイズなのでしょうな。

物販コーナー&フォトスポット

さぁさぁ、ムーミン好きにとっては展示以上にこっちが楽しみだったりもするのでしょう。

出口前にはまるで古今東西のムーミングッズが集まっているかのような『販売エリア』が待っていますぞー。

ムーミングッズコーナー

「やーん、アレもコレも可愛くて迷っちゃうー」とでも思っているのでしょう、皆さまメインのパネル展示以上に時間をかけてじっくり楽しんでいるご様子。

私がアラブの大富豪ならば「ふははは!どれでも好きなものを選ぶが良い!全部買ってやるわ!」などとアピールして女性達を釣り、そのまま夜の国分町にハーレム状態で繰り出したりしてみたいところですが・・・残念ながら今日は持ち合わせが少ない。それは次回という事で。

この物販エリアのすぐ隣はムーミンとスナフキンが橋でたたずむ『フォトスポット』が作られており、記念撮影がきるようになっておりました。

ムーミン展で記念撮影

こりゃ実にSNS映えしそうなスポットですな。

橋に乗って二人を従えるも良し、下で間に入るも良し。等身大のムーミンと一緒に記念撮影しちゃいましょう。

それにしてもムーミン、瞳孔開いてない?大丈夫?

ムーミン展仙台・あとがき

…というわけで『ムーミン原作の世界展・仙台フォーラス』、原作レベルでムーミンが好きな方ならば2~3時間は滞在できるであろう素晴らしい展示でした。

もうバレていると思いますが、実は私はムーミンは知っているものの、特に好きでも嫌いでもない。ムーミンに関する知識も素人レベルです。

しかしこの展示を機会に「もっとムーミンワールドを学ばねばならん!」と痛感(女性ウケを狙うため)したので、最後にこれを購入して帰ってきました。

ムーミン谷のすべて

その名も『ムーミン谷のすべて』

全360ページ・ハードカバーの豪華な装丁、お値段は4000円(税別)。

ちなみにとなりにあるのはトートバッグで、4000円以上購入したら貰えました(特に表記はなかったので、おそらく数量限定のサービスなのかと)。

さぁコレを熟読すればまさにムーミンの”全て”に関する知識を学ぶことができ、キャバクラでそれはそれはモテることでしょうよ。

よーし、頑張って詰め込み学習するぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です