【那須塩原 1日目】

東北がメインの「戯れアウトロー徘徊記」ですが、ちょっと遠出。

那須塩原まで行ってきました。

移動は自動車。高速道路を使って、約3時間。

今回はカミさんへの誕生日プレゼント旅行です。場所も内容も事前に一切告げず、独自に計画を練り練りしてサプライズで拉致&強制連行です。

那須フラワーワールド

まずは一発目。カミさんは草が大好きなので、那須のフラワーワールドへ連行します。

那須フラワーワールド

天気絶好調。めっちゃ生えておる!

那須フラワーワールド

入園料:大人500~1000円(時期により変動)

無料駐車場300台・車椅子貸し出しあり

公式サイト⇒ 那須フラワーワールド

この時期は鶏頭が絶好調でした。鶏頭好きなカミさん、大喜びです。それにしても名前、どうにかならんのかね。「鶏頭」って。ちょっと気持ち悪くない?

事前に練っていた行楽プランでは滞在時間を2時間とっていたのですが、正直草にあまり興味のない私としては「2時間・・・お花と草に囲まれて2時間・・・長ぇな・・」とか思っていたものの・・・あっちゅーまよ、2時間なんてあっちゅーま!興味ないワシでも、心地よくて飽きる事なく見ていられました。大自然すげぇ。

・・・ヤバい、もうこんな時間だ。スケジュールが押してるので移動!ほらキビキビ歩けい!

アジアンオールドバザール

草に後ろ髪ひかれるカミさんの尻をペチペチ叩いて移動。

次に到着したのはアジアンオールドバザールという、アジアンテイストむんむんのミニテーマパークです。

アジアンオールドバザール

イイッ!この雰囲気、臭い、しっかり異国感が出ていてタマランチ会長です。

アジアンオールドバザール

那須ICから車で約20分。3ショップ&2レストラン。園内各所も見ごたえ十分。

アジアンオールドバザール公式サイト

あちこちに飾られているオブジェもアジアーンな雰囲気、生えている草もアジアーンな雰囲気。そう、まさにここはアジアですよ!!(注:日本はもともとアジアです

だんだん腹も減ってきました。ここで昼飯の予定になっていたので、さぁアジアーンなメシを食いましょう。

レストランは「タイ・ベトナム料理のメコンレストラン」と「バリ料理のウブドレストラン」の2つがあります。

アジアンメシが大好きなワシとしては、非常に迷うっ!クネクネ悩んだ末、今回はバリのウブドレストランにしました。

ウブドスペシャル

どっどーん!!ナシゴレンとミーゴレンが両方食べられるスペシャルなセット!その名も「ウブドスペシャル(\1080)」!

ヤバイ、これめっちゃ美味いっ!美味すぎる。

おかわりしたいトコなのだけれど、ラストオーダー間際の時間。わりとドライな接客の店員さんなので「おかわりー!」などとは言えない・・・。くそう。。。もっと食いたいよう。。

注)施設は18:00まで営業ですが、レストランは16:00終了。ラストオーダーは15:00になっています。ご注意下さい。

満たされぬ腹で半べそかきながら、園内を回ってみます。もう何を買ってよいのかわからないくらいに品数も多く、どれも魅力的なものばかり。しかし頭の中は「ウブドスペシャルをもっと食いたかった・・」でいっぱい。何を手にとってもイマイチ入ってきません。

「次回は早めの時間に入って、3皿食ったるからな!」と、すでに閉店したウブドレストランに向かって宣言し、今夜の宿泊地に移動する事にします。

那須モンゴリアビレッジ テンゲル

ここが今回の旅行でも、最も楽しみにしていた場所です。メインです。

テンゲル

モンゴル遊牧民の移動式住居、テンゲルに泊まれるという「死ぬまでに1度は体験したい事ランキング」でも、だいたい・・・・50位?いや、100位くらいには入る?入らない?・・・であろう、夢の体験です!!

那須モンゴリアビレッジ テンゲル

宿泊料金:1泊2食付 大人1名 約9700円~(プラン・季節等によって変わります)

夕食時には馬頭琴の演奏も楽しめます(時期により奏者不在もあり)

⇒ 那須モンゴリアンビレッジ 公式サイト

もう見た目から未体験ですが、ゲルの中に入ってみると・・・

テンゲル内部

さらに未体験ワールド全開!

なんでしょう、このバーベキューコンロみたいなモノは。ベッドも・・・ちょっと大きいベビーベッドみたいな感じです。規格外の巨人の私、このベッドで寝れるのか!?

夕食は鉄板を前に焼き焼きして食べるスタイルでした。なかなかボリュームのある食事です。別途・追加料金で、肉やお酒などの追加もできます。

肝心なメシの写真と馬頭琴の演奏の写真は撮ってないのよ。。。味わった事のないモンゴリアン体験を全力で楽しんでて、すっかりカメラの事忘れてたんよね。。

お風呂はわりとしっかりとした温泉で、露天風呂までついていました。

そしてベッドなのですが、長さは約2mあるから大丈夫だろう、と思っていたものの・・・身長188cmの私は横になるともう上下がカツカツで。足の先か、頭の先か、どっちかが触れている状態・・・なんか窮屈で落ち着かない!!

結局、眠ることができず、床に寝ました(笑)

楽しむべきは非日常空間

テンゲルの夜

こちらのテンゲル、事前に下調べした宿泊ポータルサイトのクチコミなどでは、不満も多く見られました。

「狭い」、「カビ臭い」、「蒸れる」などなど・・気候にも大きく影響されると思いますが、たしかにホテルの客室などと比べてしまえば快適さでは劣ります。それなりに臭いもします。

ですが「そういう部分も含めての体験」と思っていたので・・・私たちはとても楽しい宿泊になりました。ベッドが小さくて床で寝るハメになった事も、とても嬉しい体験です(笑)

「快適に泊まりたいなら、ココじゃなくて普通にホテルにでも泊まりゃいいだろう!!」

・・・と言いたいとこですが、まぁいろんな人がいますからね。

「不便さも含めて、非日常を楽しめる方」にはオススメできます。お子様なども喜ぶのではないでしょうか。

・・・というところで、1日目は終了です。寝ます(床で)。

⇒「那須塩原(2日目)」へ続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です