秋には「わらアート」が展示されていた「仙台市若林区・せんだい農業園芸センター」ですが…1/12からは恐竜のイルミネーションが楽しめる「みどりの杜ファンタジーナイト」が開催されています。

今年は「不思議なヒカリトラベラー」というテーマで、それはもうちびっこ大喜びの展示が盛りだくさん。2019年1発目の戯れはココで開始としましょう。

せんだい農業園芸センター
「みどりの杜ファンタジーナイト」

恐竜ライトアップ

場所:せんだい農業センター みどりの杜
住所:仙台市若林区荒井字切新田13-1

開催期間:1/12~3/31の土・日・祝日
開催時間:[1、2月]16:10~20:30[3月]17:10~21:00

入場料:大人600円・子供400円

駐車場:無料(160台)

久しぶりの戯れ

ホント、大変ご無沙汰しておりました。去年の最終記事から1カ月以上空いての戯れ更新。もう仕事がクソ忙しくて…。

しかしココのイルミネーションだけは早めに訪問したかったんです。秋には「わらアート」で非常に魅力的な恐竜を見る事ができましたし、それがライトアップされるとなれば期待せざるを得ないではないですかっ。

思い起こせばあの時はひどい雨で大変でしたが…今回は晴れてくれて助かりました。

『2018仙台わらアート』にお邪魔してみる

どうもスッキリと晴れませんなー。青空が見えたかと思うと、すぐに曇ったりシトったり。。。 そんな地味に嫌な天候の中、以前から気になっていた「2018仙台わらアート」を…

おふるまい(不定期開催)

ライトアップ期間中は通常の正面入り口ではなく、近くに設置された特別入場口から入る事になるようです。入場料を払って…さぁ入ってみましょう。(入場料は大人600円)

みどりの杜ファンタジーナイト

おおお。なんだこの幻想的な空間はっ。かなり気合入っていますなぁ。

どうやら不定期開催で「おふるまい」というものがあるらしく、農家レストランによる温かい食べ物が無料でいただけるとのこと。ラッキーな事に今日は「豚汁」をふるまってくれるそうです。はい!大好きです!豚汁!!

もろやファームキッチン

究極・・・ですとっ!!

えーと「美味しんぼ」でしたっけ?ありましたよね。究極の〇〇〇とか至高の〇〇〇とか。そんな単語を冠するという事はよほど自信があるに違いない。こりゃ今まで味わったことのないような豚汁が食べられるのでは…

究極の豚汁

少な・・・いやー!美味しそうだなぁ!!

さぁ究極の豚汁よ、我の舌をうならせてみよっ!

・・・・もぐもぐ。おっ、美味いっ。普通に美味いです。紫芋とカボチャが入っているというのが予想外でした。甘くてホクホクして、意外に豚汁の具として合うんですねぇ。

なぜか「白菜がほぼ生」というところもサクサクした味わいで良い(笑)

これぞまさに究極の味。…かどうかはわかりませんが、「ご馳走さん!」と厨房のオバちゃんに声をかけて本番開始と行きましょう。

恐竜ライトアップ

子ティラノサウルス

わらアートの時に展示されていた恐竜がそのままイルミネーションに早変わり。もちろん「わら」は無くなって、骨組みだけに電飾を施された形になっています。

この赤いティラノサウルスは「子ティラノサウルス」とのこと。…ん?そういえば親もいたはず。親はドコだ!?

親ティラノサウルス

親、いたっ!この緑のが「ティラノサウルス」でした。帰宅後に知ったのですが、どうやら孫もいたようです(笑)

それにしてもチビッ子の多いこと多いこと。たしかにこりゃ子供が喜びそうな展示ですもんね。

お、奥のほうにデカいヤツがいますよ。行ってみましょう。

ブロントサウルス

おおお、ブロントサウルス!史上最大の草食恐竜と言われているアイツですな。

しかしまぁ、よく葉っぱだけでこのデカい図体を維持してたものです(本物は展示よりももっと大きいですけど)

私も人間としてはかなりデカいほうですが、葉っぱだけ食ってたら3日もしないうちにラーメンが食いたくなる事でしょう。あとお寿司も。

600円は高くない

じつは入園時に「大人600円って、けっこう強気に取るなぁ…」と思ったりしたのですが、とんてもない。私がアホウでございました。これで600円ならばむしろ良心的な価格ですよ。

LEDも色とりどりで非常にカラフル。去年の末にあちこちイルミネーションを巡りましたが、ここまでの色数を使っている場所はごくわずかでした。

しかも安いLEDではなく、けっこう良いモノを使っています。かなり光量が強いので写真撮るのにちょっと苦戦しました・・。

光の玉つつく

1作品1作品の作りこみも本気。「とりあえずチープな材料でそれっぽく飾ったれー」な雰囲気はどこにもありません。

そしてまた係員の方が感じ良いのなんのって。こちらの挨拶にも気持ちよく返していただけますし、入場受付のお姉さんなんてあまりの雰囲気の良さと可愛さに食事に誘いたくなりましたよ。

それにしてもこの写真、なんか合成っぽいですね。ちゃんとリアルに行ってツンツンしていますよ(笑)

光のアーチ

イルミネーションの定番、光のアーチもしっかりと。元々あるアーチを利用しており、造花のバラが添えられています。上手だなぁ。〇〇〇農場にあった光のアーチなんてビニールハウスの骨格に適当にパラパラとLEDを付けただけたったのに。

会場内では車いすの方も見学していました。若干の高低差はありますが、大きな段差もないので介助者がいれば問題なく回れると思います。トイレに関してはすいません、チェックするのを忘れてしまいました。

お子様連れにおすすめ

会場内には小さな公園のような、遊具が設置されているスペースもあるのですが…そちらも決して手を抜いていませんよー。

ライトアップ遊具

じゃーん!滑り台はライトアップです。写真ではわかりませんが、流れるようなイルミネーションが施されています。

これまたチビッ子達はテンションだだ上がりのようで、どいつもこいつも大はしゃぎで遊んでおりましたよ。

あまりにも子供たちが楽しそうなので、私も「座って前後に揺れる、よくわからない動物」にまたがって遊んでみました。うむ、楽しいっ!!・・・が、周囲の親御さんの視線がちょっとアレな感じなので、早めにやめました。

なお売店では綿あめが販売されており、コイツも「光る綿あめ」という小賢しいマネをしたヤツで。

ちょっと写真に収める事ができなかったのですが、どうやら棒の部分が光るようになっているらしく、食ってる最中もピカピカしていました。お値段はたしか600円だったと思います。あちこちで親御さんがめっちゃせがまれていました(笑)

あとがき

ステゴサウルス

とにかく子供ウケしそうなイベントですので、お子様連れの方には超おすすめ。

開催期間も3月31日までとかなり長いですが「土・日・祝日だけの開催」ですので、ご来場の際はくれぐれもご注意を。

今回も例によってすべての展示は紹介していませんので、ぜひご自身の目でお楽しみください。

それにしても・・・1カ月以上ブランクがあったせいで、なんかイロイロと感覚を忘れてしましました。ダメだなー、もっと戯れないと。

・・などと言っておきながら、明日から仕事で「青森県むつ市」へ行ってきます。年末の番組で「大間のマグロ漁師」を特集していたりするあのへんです。何度も行っていますが良いところですよ。めっちゃ寒いけど(笑)

チャンスがあれば青森でも戯れてきますので、期待しないでお待ち下さい。

ではでは・・2019年もどうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です