戯れの友

このたび、仕事場の引っ越しをしました。

以前は間借りのような状態で、ゴタゴタとした場所でありあわせの環境を使って作業していたのですが…やっと落ち着いて、しっかりと自分専用の環境でPC作業などをできるようになりました。自宅に仕事場を作っただけなので「事務所」なんて立派なものではありませんが、これからは集中できそうです。

ちなみに以前の環境は空調がバッチリ効いていましたが、新しい作業場はノーエアコン・・・。この季節は汗ダラダラになりながらキーボードを打つことになるので、ダイエット効果も期待できそうです。

と、いうわけで…

今回は仕事用具の整理の傍ら「戯れの友」と銘打って、戯れ徘徊時にいつも使っている道具や足をご紹介してみようかと。

2019年追記:
かなり初期の記事になりますので、現在はアレコレと変わっています。

カメラ

まずはコレがないと始まらない、お戯れマストアイテムです。基本的に2本持ち歩いています。

今はスマホのカメラもかなり進化し、パッと見の画像はかなり良くなってきているのですが…たとえチープなコンデジだろうと『カメラ』でないと撮影しづらい。そのへんは慣れの問題でしょうな。

OLYMPUS OM-D E-M10

om-d e-m10

メインに使っているのはコイツ。オリンパスのミラーレス一眼、OM-Dシリーズのエントリーモデル、E-M10の初期型です。

戯れ徘徊時はとにかく「気楽に行動できる」が大事なので、弁当箱みたいなデカいカメラを立派なデカいバッグに入れて、レンズも何本も入れて、なんてのは論外。

コンパクトさと汎用性を備えながらも質の良い写真が撮れ、気負う事なく持ち歩けるE-M10がお気に入りです。

装備の関係上、できるだけ薄く小さくしたいのでレンズはパンケーキ(14-42mm F3.5-5.6)のみ。

NIKON COOLPIX P600

nikon coolpix p600

2本目はコレ。見た目がゴツくてハッタリが効いてますが、中身はただのコンパクトデジカメ。ニコンのCOOLPIX P600です。

古い機種ながら光学60倍ズームを装備しており、35mm換算1440mmというふざけた望遠能力が最大の魅力。

仕事ならばまだしも、自由に戯れている時にホコリを気にしながらレンズ交換なんてしたくありませんし、こっちを出してパッと手軽に望遠撮影したほうが気楽ですから。

もちろんコンデジなので画質はアレな感じですが、気軽に鑑賞するぶんには十分綺麗に写ってくれますし、スペック以上に手ブレ補正が効くので、しっかりホールドできれば望遠端でも三脚無しの撮影が可能。もう数年使い続けているお気に入りアイテムです。

とにかく私は「大きなバッグを抱えて」の行動はしない主義ですので、レッグバッグに財布と名刺・小物を入れて、腰につけた小型カメラケースにP600、OM-Dは肩からぶら下げです。

なんというか、いかにも「わたくし、写真を撮って歩いています!」みたいなスタイルは苦手なのですよ。大型のカメラで、いかにもな感じの装備で・・みたいな。そういう系の方とは話も全く合いませんし。

まぁ服装も写真撮る人っぽくないですし、マニアックな性癖ですし、写真撮りとしても異端者なんです。

おまけ・HUAWEI nova lite2

fuawei nova lite2

バッテリー切れや、予期せぬトラブルなど・・・どうしようもない時にはスマホのカメラに頼ってみたりします。

「じゃあiPhoneでしょ・・」と言われそうですが、仕事や諸々でGoogle系のサービスを多く使用しているので、Android機種のほうがいろいろと使い勝手が良いのです。

こいつは「デュアルレンズ搭載で一眼のようなボケ味のある写真が撮れる」というから買ってみたのですが、・・・まるで使いこなせていません。

どんな状態からでも音量↓ボタンを二連押しすると、即座に写真を撮ってくれる「クイックショット機能」だけはめちゃくちゃ便利です。バイク走行中でもパパッと撮影できたりします(運転中のスマホ操作は危険ですのでやめましょう)

そしてなぜか、小学生男子が好みそうなデザインのケースに入れています。

変な乗り物

戯れ徘徊時は基本的に「バイク」or「徒歩&電車」のみ。一人の時はほぼ100%車は使いません。たしかに荷物などの面では車のほうが便利ですが、自由に動き回る際に足手まといになりますし。バイクのほうがなにかと軽快に動けて良いんですよね。

ただし、バイクのメリットとしてあげられる「多少混んでても渋滞でも、横をすり抜けてビューン!」といった走り方は一切しません。なんなんですかね、あの「バイクはすり抜けてなんぼ」みたいな勘違いの思想は。危険以外のなにものでもない。そういう自己中心的な走りをするバイク乗りは大嫌いです。

とか言いつつ・・・

トライク

私のは厳密には二輪車ではないんですけど。

世間的には「トライク」と呼ばれる変態的乗り物であり、バイク乗りからも白い目で見られがちな乗り物です。

「トライクだぜ!ノーヘルだぜ!目立つぜ!!」てな感じで、これまた勘違いの誇らしさで走る「頭のイタいトライク乗り」が多いため、どうしても世間からは嫌われるんですよね…。

しかし私にとってこれは「トライクという特別な乗り物」ではなく、あくまでもバイク。なんか変なカスタムをしたバイクなのです。ですからもちろんヘルメットを着用しますし、気分的にもバイクとして乗っています。別にノーヘルで走りたいわけでも、目立ちたくて乗ってるわけでもありません。純粋に好きなんです、こういうヘンな乗り物が。

頭の備え

かぶりもの

汚い写真で失礼。大量に所有している帽子類の一部です。

新日本プロレスのキャップがありますが、プロレス好きというわけではありません。むしろ嫌いなほうで・・・。

とにかく昔から大好きなんですよね、帽子。目線を隠せるのが落ち着く、というのも理由だったのですが、この歳になってくると「薄くなった頭を隠すため」というのも大事な役割になりました。

ですので、戯れ時も必ず何か被っています。帽子を被っていると実年齢よりも若くみられがちですが、いざ取った時に「あー…意外と歳いってるんですね…」みたいな空気になるのが非常に悲しい。

あとがき

…というわけで、誰の得にもならないような戯言にお付き合いいただきありがとうございます。

それにしても早くお盆の時期が終わって欲しいものですなー。もうドコの宿泊施設もバカみたいな値段設定になっていて、泊りでの遠征ができぬのよ。

わたしゃ山野での野宿も好きなので、そっち系で出かけましょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です