仙台周辺の紅葉も絶頂を迎えてきました。

ちょっと私用で一番町まで行く必要があり、そのついでに定禅寺通り~勾当台公園。紅葉をぶらりと眺めてきました。

地元だと見慣れすぎていて特に面白みはありませんが、ゆっくり歩いてみると意外に楽しかったりするんですよね、このへん。

仙台・定禅寺通り

「光のページェント」でお馴染みの定禅寺通り。

通りの中央に歩行者用の遊歩道があり、ページェントの期間は人でごった返す場所ですな。

定禅寺通り

離れて眺めると黄色く色づいた並木が美しかったのですが、中から見ると意外とスッカスカでした。

このまま真ん中を一人歩いて一番町まで行き、まずは用事を済ませてしまいましょう。

勾当台公園

あっというまに用事も済み、次は勾当台公園にでも。

道路を挟んだ向かいには勾当台公園市民広場があり、頻繁に催し物が行われているのですが…お?

市民広場

こんなん開催されていました。「山形県村山市・秋の味覚と新そばまつり」…だそうです。

会場はご年配のパワーが溢れていたので覗くのはやめました。そして私は蕎麦よりうどん派です。

ささっと道路を渡って公園のほうに移動しましょう。あいにくの曇り空ですが、キレイな紅葉が見れるでしょうか…

勾当台公園

おおお、なんですか、めっちゃ色づいているじゃないですか。スマホで写真を撮っている人もいますな。

そういえば20年以上前に、この場所で開催されたフリーマーケットに出店した事があります。雑貨を売りながらこっそりと無○正のビデオテープも販売。若さあふれる中高生男子に1本500円で売りつけ、けっこうな儲けになった記憶があります。

え?そういうものは出店規約で禁じられているって?何を言っているんですか、それ以前に法律で禁じられていますよ(笑)

まだ今のようにインターネットが普及しておらず、携帯電話もカラー液晶にすらなっていなかった時代。「マジすか!?モザ〇ク無いんすか!?500円でいいんすか!?」と、目をキラキラさせて購入していったあの少年たち、元気かなぁ・・・。

真っ赤

もう真っ赤っ赤。目が痛くなるほどにまっかっか。

平日なのでお子様連れの奥様と年配の夫婦などが大半でしたが、それなりに紅葉を楽しんでいる人が見受けられました。それと死んだ目でベンチに座っているサラリーマン風の男性も。

最近、目が死んでる若い男が多いですなぁ。嫌な時代だもんね、仕方ないか…。

あとがき

落ち葉

今回は特に戯れたというわけでもなく、目的をもって訪れたわけでもないので・・このくらいで。

そろそろ寒い季節になりますが、皆様風邪などひきませんように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です