なんですかここ最近の暑さは。猛暑を通り越してもはや酷暑。しかし私はこういう気温になると外で腕立て伏せしたくなるほど『 I LOVE 高気温』な人なので絶好調。30度越え?最高じゃないですか。直射日光の下で動いて汗をかきたいっ!

・・というわけで、今日はちょろっとお出かけ。秋保の磊々峡(らいらいきょう)に戯れに来てみました。

秋保 磊々峡

場所はこのあたり。秋保温泉郷の入り口付近で、秋保ワイナリーも近くに。

戯れ情報
『磊々峡』

アクセス:
仙台南ICより車で15分。仙台駅よりバスで約50分。
(バスは宮城交通・秋保温泉行、のぞき橋にて下車)

駐車場:
無料駐車場あり

磊々峡駐車場

目の前に広い駐車場があり、無料にて開放されています。あまり大きな声では言えませんが、わざわざ車で見に来る観光客も珍しいので基本的にガッラガラです(連休中などは混み合います)

ここから道路を横断してすぐの場所が入り口。さぁ探検!・・・の前に。

恋人の聖地

変人の聖地!・・だったら楽しいのですが、残念。「恋人の聖地」です。

ここにかかっている「のぞき橋」という橋の上から見下ろすと岩肌にハートマークを見つけることができるそうですが、まぁオッサン一人で見ても楽しいもんじゃありませんな。

…って、こんなに暑いのに涼しげな雰囲気の女性がちょうど写真を撮っているじゃないですか。これはチャンス!

「お姉さん、私と一緒にハートを覗きませんか?(キメ顔)」

てな感じで声をかければ、ハートどころかもっといろんなモノが覗けるかもしれません。よし、いそげっ。

ハート穴

わー、ほんまやー。ハート型やー・・・・。

近づいていったらお姉さんはそそくさと撮影スポットを譲ってくれました。とても優しい方です。でもその優しさが、今は僕を苦しめるのです。

えーい、くそう。このハート、地元の石工のオッサンが彫ったりしたんじゃないでしょうね。

もうちょっと右を広く…あ、わざといびつにして、自然な感じでお願い。そうそう、そんな感じ!」

…とか、地元の商工会が地域振興のためにコッソリ捏造してたり…。(八つ当たり)

突撃!隣の磊々峡

磊々峡

きました。いかにも磊々峡といった感じの奇景が広がっております。名取川に侵食された巨岩が重なり合い、この奇景を浮かび上がらせたそうな。

この岩は石英安山岩凝灰岩で「秋保石」とも呼ばれ、大正末期から建築に使われてきたそうです。

入り口から降りた展望所だけ見て終わりにする方も多くいますが、実は奥にはもっと見所があるんですぞ。ジリジリとヤバい気温ですが探検してみましょう。

奇面岩という名の『コアラ岩』

奇面岩

遊歩道にはこういった看板が数箇所あり、独自の景観を楽しむことができます。これは「奇面岩(きめんいわ)」というらしいのですが、英語表記が「Kimen-iwa Rock」だと「奇面岩岩」になりませんか?

これ、昔から気になってたんですよ。河川でも「Hirosegawa River」などと書かれているじゃないですか。「広瀬川」なら「Hirose River」が適切だと思うのですが…。日本でも「アマゾンリバー川」とか言わないじゃないですか。富士山は「Mount Fuji」ですし。

あ、奇面岩の話でした。岩をアップで見てみましょう。

コアラ岩

コア・・・ラ?

たしかに顔っぽいです。が、私にはどう見ても「コアラの横顔」にしか見えません。

あんなハート型の穴なんか掘るよりも、こっちの岩を「コアラ岩」としたほうが若い子供や女性から人気が出るような気がしますなぁ。
注:決して掘っていません。筆者の妄想です

勇気を出して飛べ!しかしその先は…

猪飛岩

これは「猪飛岩(ししとびいわ)」とよばれる場所。矢印で示した部分、この岩幅が狭くなっている部分をイノシシが飛んで渡った事から名づけられたそうです。こりゃぜひ実際に見てみたいものです。

「イノシシ来ないかなー」と辺りを見回していたところ、すぐ近くにコレを発見しました。

電流柵

電流柵です。農作物などを害獣から守るアレです。触れたらビリビリー!です。

つまりイノシシは猪飛岩を飛んだのち、渡った先で電流柵にヤラれて感電…というわけですな。せっかく命がけで渡ったのにこの仕打とは…。やはり秋保町民はやることがエグいですな。

終わり…と見せかけて

ボーナスステージ入り口

紹介した2箇所の岩以外にも滝など見所がいくつかあるのですが、全部を載せていくと多すぎるのでこのくらいで。それらを見ながら進むと終点ムードが漂う場所に出ます。

「磊々峡の醍醐味」とも言える川幅狭く切り立った奇岩の風景はこのあたりまでで、ここからは川幅が広くなった景色に。

ここまで来るのにゆっくり眺めてくれば30分ほどの散策。ほとんどの方が最後にここで橋から眺め、探索を終えるのですが・・・実はこの橋の下をくぐるとまだ見れる場所があるんです。

いわばボーナスステージ突入です。

ぱっかーん!

天斧岩

ボーナスステージに突入して一発目、とても存在感のある岩があります。その名も「天斧岩(てんおのいわ)」

パッカーン!と割れていて気持ちいいくらいに綺麗な断面ですな。磊々峡にある奇岩の中でも飛び抜けてインパクトがあります。ぜひこれは見ていただきたい。

紫陽花

若干終わりかけですが、アジサイが多く咲いていました。たまにユリも咲いています。

「ボーナスステージ」とか言っておいてなんですが…天斧岩以降は特別な見所は少なく、川原を眺める感じになります。私以外一人も通っている人はいませんでした。天斧岩だけは見ておく価値があるので、それだけ見たら引き返しても良いでしょう。

磊々峡ルート

端から端までの距離は約1kmですが、クネクネと曲がる道でアップダウンも激しいために1.5倍くらいの歩行量になり、完全探索するとけっこうな運動量になります。

秋保温泉郷からも近い位置にありますので、宿泊の際にちょっとお散歩・・で訪れてみるのも良いでしょう。

磊々峡・あとがき

空の紫陽花

本日の気温は35℃。端から端まで2往復しましたが、けっこうな汗をかきました。

散策路には座れる場所も多く設置されています。無理なく楽しみましょう。

この後はちょっと秋保ヴィレッジに寄って帰ろう思います。日曜だから混んでるだろうなー・・・。

ハンドメイド市発見!…が、ちょっと入るの恥ずかしい【秋保ヴィレッジ】

酷暑の中、磊々峡で戯れた帰り道。特に用事があるというわけではないのですが、近くの「秋保ヴィレッジ」なんぞ寄ってみました。 磊々峡の記事はコチラ⇒「・・コアラ岩?…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です