『しばたファンタジーイルミネーション』夜間もスロープカー運行中!

「樅の木は残った」で有名な船岡城址公園にて開催されている「しばたファンタジーイルミネーション」(今年は2018)

春になれば一目千本桜を展望できる公園ですが、冬も抜かりなし。それはもう素敵なイルミネーションを見る事ができます。

さぁさぁ、愛しのはなみちゃんが待つ「船岡城址公園」に行ってみようではありませんか。

しばたファンタジーイルミネーション

樅ノ木イルミネーション

今年は何度も訪れた「船岡城址公園」

30℃を超える真夏の炎天下で戯れて死にかけたり、曼殊沙華祭りを楽しんだり…当ブログでも2回ほど記事を書かせていただきました。

参考記事

お戯れ史上、初の敗北・・・か?【船岡城址公園】

船岡城址公園の【曼殊沙華祭り】に・・・

つまり『四季を問わず1年中楽しめるスポット』という事になりますな。

戯れ情報
『船岡城址公園』

所在地:
宮城県柴田郡柴田町船岡館山

アクセス:
東北自動車道:村田ICより車で20分

駐車場:
無料駐車場あり

イルミネーション開催期間:
12/1~12/30
16:30~21:00

通常、スロープカーは土日祝日のみの運行となっていますが、イルミネーションが開催されている期間は平日夜も運行されています。

樅ノ木方面と展望台

駐車場すぐそばにスロープカー乗り場があるので、到着後すぐに観音像方面へ向かう事もできますが、「樅ノ木は残った」のモミの木もしっかりとライトアップされています。

どちらを先に見るかはお好みですが、私はまずそちらから行ってみました。

はなみちゃん

途中の東屋。はなみちゃんは今日も待っていてくれました。できれば顔出しパネルではなく、しっかりとお顔が見たいです。

というか、この「目と目の間から顔を出す」という仕様はちょっとどうなんでしょう。

モミの木ライトアップ

モミの木自体にイルミネーションは施されていませんが、色を変えていくライトアップが壮大な美しさを醸し出しています。

・・・と、ここで強烈な腹痛が。もしやはなみちゃんの呪い!?

いでででで…、急いで駐車場へと戻ることにします。

スロープカーで頂上へ

ふぅ・・ふぅ・・・。駐車場に戻る頃には腹も落ち着いてくれました。

何だったのでしょう、もしかして途中で食べたファミチキがいけなかったのか…。

気を取り直して展望台へ向かってみようと思います。

スロープカー

おおー、スゴい。スロープカーもイルミネーションVerになっていますな。はなみちゃんエンブレムもライトアップ!

気になる料金は大人¥500(往復)。歩いて登るとけっこうな距離ですし、夜間は足元が見づらいので危険。大人しくスロープカーで登る事をオススメします。

彼岸花で乗った際は係員の方がアレコレと豆知識を話しながら運行していましたが、今回は無言。そして見やすいように車内の明かりも消してくれます。

頂上へのイルミネーション

スロープカーを降りると頂上へ向かって美しく光る道が続いています。

道の先に見えるのは「里山ガーデンハウス」という休憩所ですが、イルミネーションの期間はここが「サンタハウス」となっているそうです。そりゃ面白そうだ、さっさと行ってみましょう。

サンタハウス

おおお、眩しいっ。目が痛いほどにギンギラギンに眩しいっ。

…というか『サンタハウス』のネオンが怪しすぎません?まるでキャバクラかスナックのようじゃないですか。もしかしたらミニスカートのサンタコスプレをしたお姉ちゃんが中にいるかもしれませんよ。

ドキドキ…おじゃましまーす…

ツッコミサンタ

ベシッ!!「そんなもんおるかーい!」

撮影時に狙ったわけではないんですが、後から見たらツッコミを入れているような写真になっていました。サンタ恐るべし。

ハウス内にはハンドベルが置いてあり、チリンチリン鳴らして演奏しても良いようです。…たぶん。

若い女性客が食いついていたのでちょっとよく見れませんでした。

ゴミだって美しい

サンタハウスを過ぎれば頂上は目と鼻の先。

その途中、右手にちょっとした広場があり、そちらにも煌びやかなイルミネーション展示がありました。

エコイルミネーション

左にあるハートは「ココで記念撮影せよ」の場所ですな。幸せなカップルはそちらで撮るが良かろう。

気にして欲しいのは右側。最も高い星のタワーを中心に、クリスタルのような輝きのタワーがいくつも並んでいるじゃないですか。

これ、近くに寄ってみると・・・・

ペットボトルイルミネーション

なんと空ペットボトル(驚)

まさかそう来るとは…。そしてこんなに美しいとは…。

ペットボトルは小さい物から大きい物まで色々な種類が使用されていますが、やたら焼酎の大ペットボトルの数が多いのが気になります。

「ちょっとあなた!飲みすぎよ!いったい何杯飲んでるの!」
「仕方ねぇだろ~イルミネーションで使うんだからよ~。俺だって飲みたくて飲んでんじゃねぇんだよ~」

といった感じで「町興し」という大義名分を盾に、地元の旦那さん達がそれはもう飲みまくったのでしょう。焼酎好きには最高のイベントですな。

しかしそれではビール派のお父さんは町興しを言い訳に酒量を増やせない。ちょっと不平等…と思ったら、やはりビール派も飲みまくっていたようです。

空き缶ランタン

ぐるっと周りを囲っているランタン。空き缶で作られているのですが、ほぼほぼ全てがビールの缶!(笑)

様々な絵柄が使われており、こちらもかなり手がかかっている作品のようです。

99万ドルの夜景

頂上へのアーチ

美しいアーチを抜けて、観音像がそびえ立つ頂上へ向かいましょう。ちなみに「船岡観音平和広場」と名付けられた頂上から見下ろす夜景は「99万ドルの夜景」と呼ばれているそうですよ。

戯れ流・無駄な豆知識
『○○万ドルの夜景』

『○○万ドルの夜景』といえば、香港の『100万ドルの夜景』が有名ですが、日本国内でも『日本三大夜景』と呼ばれるスポットがあります(函館・神戸・長崎が一般的。異なる場合も)

『なぜ100万ドルという価格なのか?』
これは神戸の夜景がルーツとなっているそうで、六甲山山頂より見下ろした夜景の電灯の総電気料金が当時のレートでおよそ100万ドルであることから、そう呼ばれることになった…といわれています(諸説あり)。
現在は円相場の変動から『1000万ドルの夜景』と呼ばれたりするそうですが、それは少々腑に落ちませんな…。

99万ドルとはえらく中途半端な気もしますが、「神戸の夜景にも負けない!…まぁちょっとだけ劣るかもしれんけど…ほぼ負けてない!」といった気概も感じますな。

99万ドルの夜景

おお、たしかに素晴らしい。

つまり2018年12月時点のレートで換算すると「約1億1千180万円」の夜景という事ですな。たしかにそのくらいの価値はありそうです。これに比べたらウチの近所で見える夜景なんて「4ドル50セントの夜景(約500円の夜景)」ですよ。

この観音像の足元になるエリアには「天空カフェ」という小さな売店があり、お蕎麦や飲み物をいただく事もできます。こちらもスロープカー同様、イルミネーション期間は夜間も営業していますので、冷えた身体を温めるのに利用できます。

さぁ冷えてきましたしそろそろ降りましょうか・・・。

あとがき

雪だるまイルミネーション

当初は1時間ほどで予定していたのですが、じっくり見て回ったら約2時間かかってしまいました。

この後は山元町のコダナリエにお邪魔しようと思っていたので少々時間が押し押しです。

ラーメンでも食べてから向かいたい所ですが、まずは急いで移動する事にしまーす。

【コダナリエ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です