桜と将棋『天童公園(舞鶴山)』をぶらり徘徊

久しぶりに鈍行列車でのお戯れ。今回は天童市をぶらりと歩きまわってきましたよ、と。

目的は『天童公園(舞鶴山)』『枝垂れ桜のライトアップ』。今回は2記事で分けて、まずは天童公園からいってみましょう。

天童市到着

天童駅

ほい。仙山線であっちゅーまに到着しました。絶好の青空&暖かな気温。

天童市は仕事やプライベートで何度も訪れたり通過したりしていますが、電車で来たのは初。駅を見たのも初です。駅にも駒が乗っていたりするかと思いきや、意外に普通でした。

地図はなんとなく頭に入っているので、さっそく天童公園のほうへ向かいましょう。

天童へ向かう道

経路はコレで。

正面から攻めず、姑息に背後から襲撃します。

小路公園

ひゃー。こりゃまた見事な桜だっ。

てくてく歩いて向かう途中、『小路公園』に咲いていた桜。絶好調に満開ですな。

ここから少し先、『小路南公園』でも桜が咲いていました。このあたりはとにかく桜が多いです。

さぁ左手に天童公園らしき高台が見えてきました。登っていきますよー。

裏の高台から見る景色

おお、良い眺めじゃー。

あっちを見てもこっちを見ても、桜、桜。見下せば眼下にも桜。

ノートを持った小学生がウロウロしている程度で、他に観光客のようなものには出会いません。やはり平日ですし、人は少ないようです。

山頂到着

のんびり歩き、そろそろ山頂駐車場付近。明後日から『人間将棋』が開催されますし、準備している人がいたりするかなー・・・って、なんじゃこりゃっ!?

山頂渋滞中

車が…すごいっ。あっちからもこっちからも登ってきて、頂上付近は大渋滞。やたらクラクションを鳴らしているオッサンがいますが、そんな事したってどうにもならんでしょうに。

何が「平日だから人は少ない」ですか、アホみたいに混雑してるじゃない。今日でこれなら、祭り当日はどうなるんでしょう。恐ろしや・・・。

うーむ、こんなに人が多いとは予想していなかったので少しテンションが下がってしまいました。ホント嫌いなんですよ、人混み。

しかし「上まで行ったら混んでました。終わり」では、駅から天童公園までの道のりの話で終わってしまいます。まだ全然くだらない事も書けていません。戯れてもいません。

ええい、突入しますか・・・。

奥のほうに人間将棋の会場が見えますし、とりあえずそこに向かってみましょう。先程のオッサンはまだクラクションを鳴らしています。こういうアホウが増えるから人混みは嫌いなのよ…。

人間将棋観客席

ほー。観客席周辺の桜も美しい。

さてさて、この上から見渡す桜もさぞや美しいでしょう。てっぺんまで登ってみ・・・あ、ご年配夫婦に撮影をお願いされてしまいました。しかしコンデジだったのでセーフ。はいはい、撮りますよー。

とりあえずカメラであれば写真撮影を頼まれても問題ないのですが、スマホで頼まれるとめちゃめちゃ困るんですよね…。スマホカメラなんてメモ代わりにしか使わないので、なにをどう撮ったら良いのやら…。

人間将棋会場

観客席てっぺんまで登ってみました。手前に見える四角い枠が将棋盤で、その奥の広い場所で人間将棋が繰り広げられるようです。

そういえば昔、「叶姉妹は全裸の美青年をコマにし人間チェスをする」という話を聞いた事ありませんか?

なんでもチェス盤にみたてた広間に全裸のイケメン達を配置し、同じく全裸になった恭子様と美香様が高座に座り、お酒を飲みながらチェスをするそうな。本当か嘘かは知りませんが、もし本当ならば参加している男はどんな気分なんでしょうねぇ…。嬉しいのでしょうか…。

だって前を見りゃ男の尻。後ろを見りゃ男のぶらんぶらんですよ?

しかも全裸といっても叶姉妹ですから。全国の男性諸君、叶姉妹ってイケますか?私はあまり…。美香様ならギリいけそうですが、恭子様はもう完全アウト。むしろしっかり服を着ていただきたい。

王将

そんな事を考えながら観客席のてっぺん。どーんとデカい王将が鎮座しています。

「将棋の駒と桜」まさに天童といった感じがしますねぇ。

うーむ、全裸でチェスか・・・全裸の女性でチェスなら・・・(まだ気になる)。

展望台と大ケヤキ

全裸チェスが頭から離れませんが、人間将棋会場のさらに奥の展望台に行ってみましょう。ここには大ケヤキもありますぞ。

できるだけ人が写らないように小細工して撮っているので、写真だとさほど混んでいないように見えるかもしれませんが、とんでもない。あっちも人、こっちも人。吐きたくなるほど人で溢れかえっていますよ。

やはりご年配が多いですが、お子様連れの若奥様もそれはもうたくさんおります。桜なんぞよりもそっちのほうが良い目の保養になりますな。むほほ。

大ケヤキ

でました大ケヤキ!右下にちょこんと人が写っているので、その大きさがわかるでしょうか。ホント大きいんですよ、コイツ。

この広場は展望台になっており、小さな櫓もあります。今日は天気も良いので絶好の見晴らしです。

展望台

愛宕沼親水空間

とにかく右を見ても桜、左を見ても桜。どこを見ても桜だらけの山ですので、桜がお好きな方にはたまらない場所かと思います。

私は桜に関しては「まぁ普通」程度の好き具合ですので、そろそろ降りて下にある『愛宕沼』という場所に行ってみようかと思います。

ベンチなどもあるので少しそこで休みましょう。ここのベンチは時間調整の仮眠でお世話になったりしています。

愛宕沼

ふひー、到着。登りよりも下りのほうがヒザにきますな。いててて。

ここはとても綺麗に整備されており『沼』というよりも『池』といった雰囲気です。

戯れ流・豆知識
『沼と池と湖の違い』

「水の透明度」「自然or人工の違い」などなど、人によって微妙に言い分が違ったりする『沼・池・湖の区分』

『人工的に作られたものが池。自然のもので水深5m以下は沼。それ以上深いと湖』という区分けが一般的とされていますが、『これが正解』という答えはないとのこと。

私としては『デカけりゃ湖。デカくなけりゃ池。汚けりゃ沼』という区分です。呼び名で何かが変わるわけでもありませんし、そんな事でいちいち屁理屈こねても腹が減るだけです。

…というわけで、これは愛宕「沼」となっているので『沼』です。綺麗ですけどね。

今回の天童訪問のメインでもある『枝垂れ桜のライトアップ』までまだだいぶ時間がありますので、1時間ほどベンチに寝転んで時間をつぶす事にしました。暖かい日差しが眠気を誘います。

・・・・1時間経過・・・・

ふわー。おはようございます。さぁ小腹も空いたし、どこかメシを喰えるところを探しましょう。

花菖蒲

愛宕沼の北側。なにか植えていました。「水芭蕉」とかそんな事が書いてあったような気がします(後ほど写真で確認したところ『花菖蒲』と書いてありました)。

さんざんあちこちで花やら草木やらを撮ったり戯れたりしているクセに、興味がないせいか全然覚えられず…花はチューリップとヒマワリくらいしか見分けがつきません。

昔から興味がある事には異常なまでに記憶力を発揮するのに、興味がない事になると幼稚園児以下なんですよね…。尻の形だけで人を見分けるのは得意なんですけど。

詰将棋

メシ処を探す途中、歩道にこんなものを見つけました。これは詰将棋じゃないですか、懐かしいなぁ。

やはりココは将棋の町なんだな、と感じさせられます。

どうでも良い話ですが『3月のライオン』も10巻くらいまでは好きで何度も読み返していました。(それ以降は嫌い)

あとがき

桜

仕事の疲れ&精神的な疲れのせいで、この記事を書くのに2日もかかってしまいました。しかもロクに面白い事も書けていません。ダメだなぁ。

この後は腹ごしらえをして、1830時からの『枝垂れ桜ライトアップ』に向かうのですが…それは次の記事にて。

どうも気分が乗らないので、少しバイク徘徊してリフレッシュしてから書くことにします。

ではでは・・・ぶいーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です