【天守閣自然公園】和の癒しの空間…は、おふざけ控え目

もうアッチもコッチも夏休みと盆休みで、どこに行っても人混みの渦でございます。ウジャウジャでございます。

こういう時期は本気で撮りに行ったり、書きに行ったりするには不向きなので・・・私もお盆休みという事にしてしまいましょう。

と・・いうわけで、久しぶりにカミさんと二人でぶらりと近場の探索に行ってきました。秋保の「天守閣自然公園」です。

天守閣自然公園

戯れ情報
『秋保 天守閣自然公園』


住所:
宮城県仙台市太白区秋保町湯元字源兵衛原10

温泉旅館街のはずれにある、自然に囲まれた複合施設。
温泉・足湯・オートキャンプ場・食事処・庭園などがあり、温泉利用者は庭園見学が無料。庭園のみ見学の場合は、入場料が必要で大人450円。

なにやらいろんな施設があるようですが、今回は「庭園見学のみ」で訪問しました。

右奥に見えるのが庭園の入り口です。写真では見えづらいですが、入場料を支払う受付も入り口脇にあります。

左手前の入り口は、日帰り温泉と食事処の入り口。フロとメシの方はこちらからどうぞ。

どうも私は昔から「日帰り温泉」とか「スーパー銭湯」とかダメなんですよね・・・。風呂入った後にまた服着て行動する、ってのができなくて。

今まで生きてきて、そういう系の入浴施設に入ったのは東日本大震災の時くらいです。自宅の風呂が入れなかったので、やむを得ず。

庭園に入園

庭園入り

Oh!! Japanese WABI & SABI !!!

美しい庭園じゃないですか。日本人で良かったと思う瞬間ですな。できれば道は舗装ではなくジャリジャリしていたほうが雰囲気が出ますが、年配の方や車イスで見学に来る方もいると思いますので…この道のほうが安心でしょう。

セミもめっちゃ鳴いています。

第一の足湯

入ってすぐのあたりに、足湯がありました。庭園内に足湯は二ヵ所あり、こちらは小さいほうになります。

この「足湯」ってのも私には意味がワカランのですよ・・・。

戯れ無駄な豆知識
『足湯』


好きではない人からすれば「足が濡れるだけ」の足湯ですが、意外に効果は高く…
血液循環の改善、肝機能の改善、リラックス効果、などなど・・・手軽でありながら半身浴に近い健康効果を発揮できる、という優れもの。
特に肝機能の改善は、免疫力の向上・脂肪の分解・老廃物の排出等にもつながります。嫌いな人も、騙されたと思ってやってみる価値アリです。たぶん。

なるほど、そうですか。では騙されたと思ってやってみましょう。人生初の足湯体験です。ドキドキ…

・・・・お? 最初は足を濡らすのに抵抗感がありましたが、それなりに…気持ちイイ?

うーむ、嫌なのは最初だけで、入ってみると意外にリラックスするもんですねぇ。

しかしタオルなんて持参していないので、その後の移動は足びったびたになりながら歩くハメになりましたけど…。

デカ杉

庭園周辺にはものすごくデカい杉がたくさん生えています。杉花粉がダメな人には地獄絵図ですな。

しかし杉ってどうしてこんなに垂直に真っすぐ成長するのでしょう?

「針葉樹は広葉樹に比べて頂芽の成長がうんぬん」といった理由はあるらしいのですが・・・それにしても風とか太陽光とかおかまいなしに、気持ち悪いくらい真っすぐすぎる生き方。

こんな性格では、さぞかし生きづらい事でしょうに・・。

見どころも写真ポイントもあり杉

庭園はけっこうな広さがあります。「足早に眺めるだけ~」な方であれば20分あれば一周できそうですが、さまざまな見どころがあってじっくり研鑽していくと全然進めません。写真撮影にも魅力的な景色ばかりです。

こんな場所もありました。「胎内潜り岩」だそうです。

胎内潜り岩

まぁこの形状と名前からして「この穴をくぐれ」って事ですよね…いや、無理です。巨人族なうえに腰にカメラ2本ぶら下げているワシにはどう考えても通れません。

よし、こんな時こそ小人族の出番でしょう。いけ!くぐれ、カミさん!!

小人族

いえーい。さすがはホビット、あっさりくぐり抜けました。そしてドヤ顔でこのポーズ。なんでそんなに誇らしげなのアンタは。

あずま屋

全体の半分を過ぎたあたり、雰囲気の良いあずま屋がありました。このへんから樹木が多くなり、道端に咲く花も多くなってきます。前半は「小金持ちの家の庭」といった感じでしたが、後半からはまさに「自然あふれる庭園」といった感じになってきます。

すこし小高い場所に二ヵ所目の足湯がありました。

二ヵ所目の足湯

こちらの足湯は大きく、外を向いているので景色を見晴らしながらゆっくりする事ができます。30人用、と書かれていましたが・・・それはちょっと無理があるのでは。そんなにギチギチに入ったらリラックスもクソも無い感じです。

こちらの足湯にはタオルの自動販売機が設置されていました。

ここまでに紹介した写真以外にも、池があったり鯉がいたり、綺麗なサルスベリの花が咲いていたり、たくさんの良い風景がありましたが・・・キリがないのでこのくらいにしておきます。良い写真もいっぱい撮れたんですが、お蔵入りです。

せっかくなので食事処

さてさて歩き回って小腹も減りましたし、せっかく来たのだから食事処のほうにも入ってみたいと思います。

ラストオーダーは15:00となっていましたので、来店の際はご注意下さい。

メニュー

こちらがメニューです。まずは喉が渇いたし…あれ?

コ・・・コーラがないっ!!(号泣)

私はコーラを燃料として動く巨大ロボットなので、定期的にコーラ補給が必須なのですが…メニューの表にも裏にも、ひっくりかえしても太陽光に透かしてみても「コーラ」の文字はありません。ラムネでは動きません。

仕方ない…燃料は出てから補給するとして、おすすめの天ぷら定食を素直におすすめられてみますか…。

ちなみにメニュー下部にある「秋保ナイトミュージアム」ですが、この庭園は秋には非常に美しい紅葉を見ることができるそうです。そして夜間、ライトアップされた紅葉を見学できる・・というのがこの秋保ナイトミュージアム。こりゃ秋にも来なければなりませんなー。・・・あ、天ぷら定食来た。ずいぶん早いな。

天ぷら定食

基本的にそばよりもうどん派なのですが、今回はあえてそばにしてみました。お味のほうは・・・これ、正直に書いて良いんかな。今日は仕事ではなく、プライベートだから良いよね。

更科ソバに近い感じで、ソバの旨味はあまり感じられませんでした。そして添えられているオニギリは「ニッスイ 大きな大きな焼きおにぎり(冷凍食品)」です。これ、家でもよく食べているのですぐわかりました(笑)

ただし、天ぷらはとても美味しかったですよ!衣も適度な厚みでサクッとしていて、実にウマい。天ぷら定食なのだから、天ぷらが美味けりゃ良いじゃないですか。あとはオマケみたいなもんです。

天守閣自然公園・あとがき

セミの夏

後から時間を見てみると庭園を3時間近く散策していました。ホント、夢中になっていると時間が経つのは早いですねぇ。

移動していると、他県ナンバーの車が多く見受けられる時期になってきました。

皆様も帰省やらで運転が多くなると思いますが、どうぞ事故などありませんように。ではでは、次回のお戯れでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です