米沢藩主・上杉家廟所を訪れてみよう!

戦国大名に興味がない方でも、その名を知らない人はいない『上杉謙信公』

山形県米沢市は上杉家とゆかりの深い地でもあり、数々の見どころがありますが…今回はその1つ。『国指定史跡/上杉家廟所』を訪れてみました。

決して「広い!見どころいっぱい!」とは言えない場所ですが、とても雰囲気のある素晴らしい場所ですよ。

上杉家廟所

上杉家廟所

戯れ情報
『上杉家廟所』

所在地:
〒992-0055
山形県米沢市廟所1-5-30
0283-23-3115

拝観時間:9:00~17:00

拝観料:大人400円・大高生200円・小中学生100円

無料駐車場あり

近隣はやや細い道。案内看板もありますが、ちょっとわかりづらいかもしれません。

すぐとなりに約30台の駐車スペースがあり、トイレもあります。

廟所

入り口の門をくぐってすぐ横で参拝料を納め…、高い杉に囲まれた風情のある道の先に『龍』『毘』の旗が立っています。いかにも「上杉」といった感じですな。

参拝料を納めるところで、ものすごく話の長いオジサンに捕まってしまったのですが・・・このオジサンが「ありがとうございます、もう結構です」と言っても話をやめてくれない。「じゃあ…」と先に進むと、今度はなんと後ろをついてくるという…。

並ぶ廟

ずらーっと立ち並ぶ、歴代御廟所。

この廟所は全てが同じというわけではなく、中心から外にいくにつれて建築様式が変わっていますし、前に立つ石灯篭も違う。

全部書くとアホみたいに長くなるので割愛しますが、第二代景勝公~十二代斉定公まで12(+1)の御廟があります。

あれれ、肝心の謙信公は?というと…

謙信公御廟への道

並ぶ御廟の中心、奥へと続く石畳の先に奉られています。さすがは謙信、別格です。

さっきのオジサンはまだ後ろからごちゃごちゃとウンチクを垂れていますが、聞こえないフリしてそのまま進んでみましょう。

どうしてこの人はずっとついてくるのだろう…。そしてどうして変に上から目線で話すのだろう…。

謙信公御廟

こちら謙信公。

相変わらずオジサンは上から目線のウンチクを垂れ続けています。ここまで来るとちょっとアレな人に思えてきますな。気になって写真曲がっちゃいました。

こちらの『上杉家廟所』、見る場所としてはこれで終わりです。

面積としてはさほど広くもなく、御廟も中に入れるわけではありませんので、小さな建造物を眺めるだけとなります。

しかし杉に囲まれた空間は独特の雰囲気があり、この場にいるだけで言葉で言い表せないような心地よさを感じます。

そして気が付くとオジサンはいつの間にかいなくなっていました。…あれ?

もしや…あのオジサンは謙信公(もしくは歴代の誰か)の亡霊??

上杉家廟所・あとがき

毘の旗

残念な事に天気があまり良くなく、小雨が降ってたので…もう少しこの場の空気を感じていたかったのですが、ちょっと早めの撤退です。

そそくさと戻って入り口門のあたりに来ると、さっきの上から目線オジサンが社務所の中で受け付けをしていました。

…おいおい、あんたココの人間だったのか!?

米沢は『上杉神社』が名所となっていますが、そちらへお越しの際はこちらにも寄ってみて下さい。けっこう近いですよ。

そして優しい方はウンチクオジサンの話を最後まで聞いてあげてください。けっこうイラッとくる話し方をしてきますよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です