勇者ヨシヒコのロケ地は?庄内オープンセットで戯れまくる!後編

前編に引き続き【スタジオセディック庄内オープンセット】での戯れをお届けします。

まだ前編を読んでいない方はコチラからどうぞ。

スタジオセディック庄内オープンセット

前編ではまずゲートをくぐって右手方向「山間集落エリア」と「宿場町エリア」を見学してきました。

こちら側にはさらに「戦国大手門エリア」というのがあるのですが、これは最後に見るのが良い・・との事でしたので、周遊バスを利用してゲート左手方向「農村エリア」へと向かいます。

農村エリア

農村エリア

古き良き農村の風景が広がる「農村エリア」

実際に手作業で田植え・稲刈りをする事で、よりリアルな風景を作り上げているそうです。

エリアに入ってすぐ脇に小さな神社がありました。どれどれ…中に入ってみましょう。

勇者の剣

おお、勇者ヨシヒコ第一話のアレじゃないですかっ!

…ん、剣は違うのね…残念。試しに抜いてみたら簡単に抜けました。どうやら私も勇者だったようです。

100円で引けるおみくじもあったので引いてみましたが、普通に小吉。うーん、微妙すぎて話のネタになりません。

おしんの生家

農村エリアには「おしんの生家」もあります。もともとは山形県中山町にあったのですが、維持が困難になったためにこちらに移築・復元されました。その後、2013年の映画「おしん」で使用されています。

記念撮影用のコスプレ衣装も用意されており、SNS映えも期待できそうです。私は着ませんでした。というか身長的にこの手の吊るし衣装はどこに行っても着る事ができません…。

さてさて、勇者ヨシヒコ好きにとっては最大の山場とも言える「漁村エリア」へ歩いて向かいましょう。

漁村エリア

漁村となっているものの、実際には近くに海はありませんので・・・寂れた雰囲気の村、といった感じです。

このエリアの入り口横に「訪問者が落書きをしていく」という資材置き場のような建物があります。中に入ってみると壁面びっしり・・・

落書きの館

直球で自分の名前をデカデカと書いてあったり、「〇〇一家参上!」といった夜露死苦な文句、味わいのある旅の記録など・・・多くの落書きが書かれています。まるで田舎の公衆便所みたいですな。

写真右上付近、紙が貼ってあるのが見えるでしょうか?「山田孝之画伯の書いたメレブ像」らしいです。その下に緑の字で大きく書いているのがムロツヨシさんが書いた落書きです。

ヨシヒコ落書き

どちらも「ホントかよ・・・」と疑いたくなるクオリティですが、この部分だけ透明の塩ビ板で保護されていたので、どうやら本物のようです。

ここをすぎれば次に待っているのは商家屋敷。オープンセット全体で見ても最大級の立派な建物になっています。

商家屋敷

こちらはその立派な造りと部屋数の多さから様々な作品で使用されており、勇者ヨシヒコでも宿屋や偉い人の屋敷など、数々のシーンで登場しました。

そしてあの「るろうに剣心 京都大火編」でも、序盤に志々雄が居座る屋敷として使用されました。

私、「るろうに剣心 京都大火編」では強烈に好きな部分があるんですよ。剣心と志々雄が初めて顔を合わせるシーンです。チョイ切れで呼び捨てにする剣心に対し、志々雄が・・・

「君ぐらい付けてくれよ・・・無礼な先輩だなぁ・・・」

と対応する、このセリフです。

もうたまらない。このセリフをリピートで聞きながらご飯三杯はイケます。ありがとう、藤原竜也。かなり昔に出演していたハウス・とんがりコーンのCMイメージが強くすぎて、我が家では彼の事を「とんがりコーンさん」と呼んでいるけど。

るろうに剣心パネル

手前上段のシーンですね。こういった映画作品の写真パネルも多数展示されています。

大人の事情で強めにボカシをかけています。関係各位の方々、これでもアウトな場合は速やかに対処致しますのでご連絡下さい。…できれば法的手段に訴える前にお願い致します。

さぁさぁ死ぬほど好きなこのシーン、同じ場所で志々雄になりきって記念撮影するしかないでしょう。

志々雄の真似

例によって「こちらを着て記念撮影をどうぞ」の吊るし衣装は着れそうにありませんでした。

できるだけ同じ位置、同じ姿勢にしたつもりなのですが、比べて見るとちょっと違いますね。しかし気分は志々雄です。童顔の剣士も従えていなければ、美人がそばに控えてもいない…独りぼっちな志々雄真実です。

風のエリア

漁村エリアの先、少々離れた場所には「風のエリア」があります。

風の館、と名付けられた洋館が1軒立っているだけの何もない牧草地ですが、勇者ヨシヒコマニアにとっては重要なエリアなのですよ…。

そう、あの「ヨシヒコー!ヨシヒコォーー!」と仏が登場する際、不自然に場所が移動しているあの草原ですっ。

風のエリア

くぅー、赤青セロハンの飛び出すメガネを持ってこなかった事が悔やまれるっ!!

写真の上のほうに仏の姿を合成してみようかとも思ったのですが、偉い人に吐くまで怒られそうなのでやめました。

ここが端になるので、戻って漁村エリアのバス停からエントランスエリアへ戻ります。そのまま再び山間集落エリア方向へバス停1つ分進み、最後の「戦国大手門エリア」です。

戦国大手門エリア

戦国大手門エリア

下に見えているのは山梨県の風林火山館から移築された大手門。撮影している場所は2018年に増築された関所櫓の二階になります。この櫓には大量にカメムシがいて長居できませんでした。

主な建築物はこれだけになりますが、この門をくぐった先に勇者ヨシヒコの墓があります。

ヨシヒコの墓

墓は全員分ありましたが、代表として主人公の墓を。

この墓への道沿いには、勇者ヨシヒコシリーズで使用された村看板が多数展示されていました。

このままエントランスエリアへ徒歩で戻る途中、「しゃれこ~べ」という名のひときわ目立つ赤い建物があります。竹中直人監督作品「山形スクリーム」で使用されたセットになります。

中には数々の作品資料が展示されているのですが「SNS公開等禁止」とされているので、残念ながら写真は掲載できません。ぜひ実際に訪れて覗いてみて下さい。

エントランスエリア

ふー、一通り全エリアを見学してエントランスリアへ戻ってきました。

全てを見学した場合、バス利用で約2時間半が目安だそうです。私はじっくり戯れたので約4時間かかりました。

施設外になるのですが…駐車場から入場ゲートへ向かう途中に一般家屋のような建物があり、そちらは映画「おくりびと」で使用された風呂屋「鶴の湯」で、実際に鶴岡市内で営業されていた銭湯を移築した物だそうです。

その「おくりびと」、日本映画では初となる「アカデミー賞外国語映画賞」獲得したそうなのですが・・・そのオスカー像が今はここ、庄内オープンセットに展示されていました。

オスカー像は国内を巡回展示されているので、ここで出会えたのは幸運です。

オスカー像

実に荘厳な佇まい。あの素晴らしい映画にふさわしい輝きです。・・・・なんて言ってみますが、実は私「おくりびと」を観ていません。

洋画は長年に渡って年間200本以上観ているのですが、邦画はごくごく稀に娯楽として観る程度です。

入場直後に看板を使って説明をしてくれたスタッフの方も「〇〇は観ましたか?あら、観てない?・・じゃあ〇〇は??ええ、それも観てないの??」と、少々困惑したご様子でした(笑)

このオスカー像が展示されているのは「屋内休憩所」となっており、俳優のサインなども多数展示されています。

さてさて、そろそろ時間も押してきました。最後にお土産売り場を覗いてお別れする事にしましょうか…。

あとがき

この「スタジオセディック庄内オープンセット」、勇者ヨシヒコ好きにはまさに「聖地」と呼べる場所でしたし、単純に映画好きな方にも非常にオススメのスポットとなっています。

なお、映画等の撮影が行われている場合、入場を制限されるエリアがある場合も。加えて、ロケ中の俳優等の撮影(スマホ撮影含む)は厳禁となっています。マナーを守って見学しましょう。

ムラサキタオル

お土産にムラサキのフェイスタオルを購入してきました。

他にダンジョータオル、メレブタオルがあったのですが・・・オッサンがプリントされたタオルで顔を拭きたくありませんので、ムラサキ一択です(笑)

今日は久しぶりに、存分に戯れまくりました。お腹がペコペコです・・・。

前半の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です