『電車と徒歩で岩手徘徊』、千厩から猊鼻渓まで徒歩でたどり着き、鮎の塩焼きをいただいたり舟下りを堪能したりした後、かねてから気になっていた『幽玄洞』を訪れてみました。

そしてこれがまた、けっこうハードな徘徊になってしまいまして…。

猊鼻渓の記事はコチラ↓

『猊鼻渓』の舟下りで戯れるっ!

『電車と徒歩で徘徊』、岩手の千厩でVラリーを訪ねた後は・・・そのまま猊鼻渓駅まで徒歩で移動してきました。 昼間にうちに公園で眠り、深夜にテクテク歩いての移動。い…

猊鼻渓駅周辺

気分的には二日続けて野宿でも全く問題ないのですが、汗臭くなっては周りに迷惑がかかりますので…この日はしっかりお宿を予約しておきました。猊鼻渓から歩いて10分、『かぢや別館 らまっころ山猫宿』です。

らまっころ山猫宿

あらら、ものすごく雰囲気良いじゃないですか。正直、宿は全然期待していなかったので予想外の嬉しさがあります。

いつも『初めて利用する宿は素泊まり』という主義なので、こちらも今回は素泊まりでの予約。

だってアレじゃないですか。もし感じの悪い宿だったら、そこでメシなんて食いたくないじゃないですか。

まだチェックインまで時間が1時間半ほどあるのですが、荷物だけ預かってもらいたかったのでいったん寄ってみました。

あちこち泊まり歩いているとそれはもう気分の悪い宿も多いですが、こちらのお宿はとても快く荷物を預かっていただけました。

いやー、感じの良い素敵な女性で良かった。

さて、ここからがちょっと悩みどころですよ。今日中に幽玄洞まで回る事ができれば明日以降の予定が少し楽になるので、できれば回っておきたいところ。

ここから幽玄洞までは約2km。普通の人の足であれば20~30分くらいといったところでしょうか。

事前に調べたところによると「幽玄洞を楽しむならば最低1時間は欲しい」と書いてあったので、そのぶんも考えると・・・チェックインの時間まで戻ってくるには片道15分で移動しなければならない計算になります。

むむむ…2kmを15分か…いくか!?走るか!?

走れ!幽玄洞へ向かって!

ここで「別に素泊まりなんだから、チェックインが少し遅くなると伝えていけば良いじゃん」などと言ってはいけません。そんな考え方で生きてたら人生つまんないじゃないですか。

自分の努力でどうにかできる範囲であれば一度決めた事は変えない…というのが私の信条。走れば間に合うというのであれば、走れば良いだけの話。

なにより、そのほうがバカっぽくて楽しいじゃないですか(笑)

帰りは疲れてペースが落ちるかもしれないので、行きはできるだけ速度を上げていきましょう。いくぞっ!!

幽玄洞への道

たったったった…。現在の気温は何℃なんでしょう…。かなり暑いです。

リュックと三脚は宿に置いてきたので、荷物はカメラ2つ入ったバッグとレンズ、あとは多少のメンテナンス用具程度なのですが…意外にバッグが邪魔で走りづらい。体重減らしておいて良かった…。

幽玄洞受付

ふぅ…ふぅ…着いた…。

なかなかの好タイム。10分かからずに到着しました。…が、さすがにバカみたいに汗が噴き出てきます。暑いの大好きっ子なのでダラダラの汗が気持ちイイ・・・。

しかしこの状態でそのまま受付をしたら「ハァハァ言ってる汗だくの変態が来た」と思われそうなので、少し息を整えてから入りましょう。ふぅ・・。

戯れ情報
『幽玄洞』

所在地:
岩手県一関市東山町長坂東本町154-1
(一関ICより車で約30分)

営業時間:
4~9月 8:30~18:00
10~11月 8:30~17:00
12~3月 9:00~16:00

入場料:
大人1000円・高校生800円・中学生600円・小学生400円

公式ページ
幽玄洞

いざ幽玄洞に突入

受付で入場料を支払い、ちょっと進むと…まずは展示のある部屋。

ほうほう。なんかいろいろ書いてあります。

幽玄洞展示室

展示ケースには化石も多数展示されていました。化石好きな男子って多いですよね。

私は幼稚園~小学校低学年くらいまで宮城県岩沼市の新興住宅地に住んでいたのですが…家のすぐ前の造成中の斜面に行くと、それはもうポンポンと化石がが採れまして。

普通にアンモナイト的なものや、三葉虫的なもの、何かの歯のようなものを採って遊んでいました。あまりにも簡単にたくさん手に入るので『化石=そのへんですぐとれる模様のついた石』程度の感覚しかなく、割って遊んだりしていました。

ですので…この歳になっても化石に対して特別な思いを抱けず、いまだに感覚としては「ただの模様のついた石」です。

…という事で、ここはさらーっと流して奥に進みましょう。

昭和アーチ

いったん外に出て、なにやら昭和の匂いを感じさせるアーチをくぐり…森のほうへ入っていく形になります。

遊園地とかにこんな模様のアーチあったよね。え、知らない?若いなぁ。

それにしても暑い。いったい何℃あるのでしょうか。噂によると『幽玄洞の中はちょっと肌寒いくらい』との事ですので、涼める事を期待しつつ向かいます。

異世界への入り口

歩く事30秒…。周囲の景色にそぐわない自動ドアの先に、異世界への入り口が口を開けていました。薄暗くてちょっと不気味です。

奥からはジトジトひんやりした空気が漂ってきました。ついに突入か・・・なんかちょっとドキドキしますな。。。

巨人には不向きな洞窟内

階段を降りると、もうそこからは幻想的な・・・と言いたいところですが、意外に地味な洞窟が。

豊乳浄土

入ってすぐ、こんなものが展示されていました。『豊乳』ですか・・うーむ、私は巨乳好きではないので残念な気分です。『豊尻』だったら撫でまわしたくなるところなのですが・・・。

入り口にあった展示室の写真では、こういった石に直接触っている様子が写っていましたが、透明アクリル板や金網にガードされて触れないようになっていました。

アレですかね。みんな「でっかくなれー・・・でっかくなれー・・」と触りまくるから、保護されるようになっちゃったんですかね。

狭い階段

洞内はこんな感じで進んでいきます。階段の幅も狭く、壁や天井も狭い。しかも濡れているので注意して進む必要があります。

正直・・・かなりキツい。

私は身長187cm、肩幅もあるガッシリ体型なのですが、カメラバッグを肩に下げている事もあってとにかく歩きづらい。狭いところは中腰かつ半身で進まないと通れません。

鍾乳洞を楽しむ以前に、前に進む事に精一杯で全然景色が入ってきません(笑)

見返りの坂

な・・・なにが『見返りの坂』だバカ野郎、見返ってる隙間なんてないわっ。

幸い、平日という事もあって他にお客さんはいないらしく、完全に無音。完全孤立の状態です。

今ここでデカい地震とかあったら嫌だなぁ・・。

東日本大震災の時、ちょうどココに入っていた人っていたんでしょうか。もしいたなら怖かっただろうに・・・。

分かれ道

お?分かれ道です。

ふむふむ、年寄りとビビリは左へ行け…と。…なぬっ、地底湖だと!

そういえばクチコミ情報で「地底湖は必見の美しさです!!」と力説している方がいました。よーし、私は恐れを知らない老人ですので右から攻めてみます。

地底…湖?

地底湖への道

ぬおっ。相変わらず狭い…。

しかし美しい地底湖を見るためだ、頑張るぞ。

ちょっと高低差のある通路を進んでいくと・・・ありましたっ!

浄魂の泉

浄魂の泉・・・どれだ?

あ、あのかなり低いところにあるアレでしょうか。うーむ、遠いなー。

地底湖

どうやらアレが地底湖のようです。

ズームで少々寄って撮っていますので、実際にはもっと遠くに見える感じです。

うーむ・・・地底・・・湖?

ほんのちょっと水が溜まっているだけに見えます。天候や季節によって水量が変わったりするのでしょうか。気分的には『地底湖』ではなく『地底水たまり』といった印象。

これが必見ですか…。まぁ、たしかに悪くはないですが…。

どうやら向いてないようで

地底湖以降も相変わらず狭くて苦しい通路が続きながら、イロイロと名前の付いた岩やらを見ることができます。途中に化石もありました。

しかしホント、ここを絶賛している方にはもうしわけないのですが・・・

意外とつまらないんです…。

何をどう楽しんで良いのかわかりません。気分的にはただただ狭くてジメジメした、通りづらい通路を進まされているだけ。

もっと自然のままであれば興奮したのかもしれませんが、いちいち石に名前を付けている余計な説明プレートが多すぎて「自然の鍾乳洞」といった気分にもなれません…。

化石

化石も・・・。おそらく好きな人は興奮要素なのでしょうが、どうもこういう「余計な説明書きを加えられた自然」ってのは魅力を感じないのです。

自然公園などでも、樹木に名前プレートが付けられていたりするじゃないですか。ああいうのも好きじゃないんです。

いちいち人間が定義しなくてもいいじゃないか、そのままそこにあるだけで感動するのに・・・と。

ノッチ

といってる矢先にまた説明。どうやらノッチというらしいですよ。

これを読んで「へぇ~!」となるのがノーマルな人の感覚なのでしょうが、やっぱり私は興ざめ。これはなぜこういう形状になったのだろう…と自分で考えるほうがよほど面白い。

まぁ人それぞれ、向き不向きってのがありますしね。私には合わなかった、というだけです。おそらくハマる方はものすごくハマると想いますよ。

それにしても、鍾乳洞ってもっと「青とか紫とかの幻想的な光景」をイメージしていましたが、よく考えりゃあれは照明の色なんですもんね。単なる電球色だとものすごーく地味に感じます。

ちょっと色味でもイジってみますか。

青の洞窟

おお、なんか鍾乳洞っぽい!(笑)

この写真以外にも赤や紫など…色を変えて撮影してみたらそれっぽい雰囲気になりました。

さっきまで「人が手を加える事なく、自然のままが美しい」とか言っておきながら、こんな事やって楽しんでる時点でアウトですな。がははは。

脱出!

幽玄洞出口

ぷはー、脱出しました。入り口と出口は別モノなんですね。

出たところにある売店では石を使ったアクセサリーや化石などが売られていました。

えーと時間は・・・・30分も経っていない・・・・。

「最低1時間は必要」ってのは、この幽玄洞がかなりツボった方の情報だったようです。これなら頑張って走ってくる必要もありませんでした…。

あとがき

鉄鳥

今回訪れた『幽玄洞』、なんともイマイチな感想になってしまいましたが、もちろんこの場所を素晴らしいと感じる方もいるでしょうし地底湖に感動する方もいると思います。

価値観は人それぞれ。あくまでも私の感覚、変人の感想です。

こういったものに興味のある方はぜひ一度訪れてみてください。元気な方であれば、猊鼻渓駅から歩いてでも来れる距離だと思います。

さてさて・・・宿へと向かいますか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です