コンデジと〇倍ズーム

カメラを持って行動していると、人から話しかけられることはよくあります。

同じくカメラ持ちの方であったり、単なる興味からであったり、時には警察官であったり・・・(なぜか月イチ程度は職務質問を受けます)。

私は基本、誰に話しかけられても失礼なほど愛想の悪い対応しかしないのですが、ごくまれに返答に困る質問も。

それは…

「お兄ちゃん、それ何倍ズーム?」

です(汗)

おそらくコンデジで使われる『超望遠〇〇倍ズーム』といった言葉からの質問なのでしょうが、『〇〇倍ズーム』というのは『広角端と望遠端の倍率』であって『どのくらい遠くまで見えるか』ではないんですよね。

よくある70-200mmレンズであれば『約3倍ズーム』ですが、300mm単焦点レンズなどは遠くまで見えても『1倍』です。

何と答えれば良いのやら・・・と思案してみても、そういった方は「いやいやだから、望遠には何倍とかあるでしょ?」と、まるでこちらがカメラを知らぬ素人であるかのように呆れ顔で言ってくる始末。

ええいおのれ、専門用語でまくし立ててひねりつぶしてやろうか。というかそもそも40を超えた人間に”お兄ちゃん”ってなんだ(帽子とマスクのせい)。おそらく貴様より年上だぞこっちは。

…と。

しかし彼らが納得する『〇〇倍』の答えを単焦点望遠レンズで出すことは可能だったりします。

そういった方が望んでいる『〇〇倍』はコンデジやスマホの基本距離(最大広角端)からどのくらい遠くまで見えるか…ということなので、一般的なコンデジの広角端24mmから計算して『〇〇倍』を出せば彼らが納得する数字に早変わり。
(240mmであれば10倍、500mmであれば20倍)

もし同じ質問で困った経験がある方は『自分のレンズはコンデジ感覚で言えば何倍なのか』を考えておくと、いざという時に困りませんよ。いや、そんな事で困った経験のある方が何人いるかは知りませんが…。

しかしその計算式でいくと一眼のレンズは超望遠600mmでもせいぜい25倍程度。いかにコンデジの望遠特化機がおかしな数字なのかがわかりますな。ニコンのP1000なんて125倍の3000mmですよ。

いったい何に使うんでしょう、3000mmなんて異次元の距離。