『片目と両目』

とても感動した景色のはずなのに、撮影後の写真を見ると何か物足りない。

もしくは逆に、なんてことない被写体だったはずなのに撮影後の写真を見るとイイ感じ。

そう感じる原因は多々ありますが、その1つとして『片目』と『両目』の違いもあります。

一般的なカメラは”一眼”という呼び名の通り、レンズは1つ。それに対し人間が見る目は2つ。

2つの目で見ている時は距離感や奥行きも”風景の印象”に影響しますが、カメラから吐き出される画はあくまで1つの目で見た平面です。

両目で見た時に「これは良い」と思った構図も片目で見てみると意外と凡庸だったり、「いまいち」と思った被写体が魅力的に変わることは頻繁にあります。

ちなみに私は撮影期間中、左目を閉じたままにしていることが多いです。

スマホや背面モニタを使って撮影する方は特に、片目で被写体を見ることは少ないでしょうが、撮影時に一度片目で見てみると新たな発見があるかもしれません。

ただし片目を閉じたまま動き回るのは危険なのでご注意を。

私はいつも片目のまま移動しているので『自分は慣れている』と過信し、転倒して顔面骨折するハメになったので…。